エジル獲得に乗り出していたバルサ

写真拡大

アーセナル所属のミッドフィルダー、メスト・エジルが7年ぶりにバルサの補強候補に上がっているようだ。スペインのラジオ局COPEの番組がバルサがアーセナルにエジルの値段について問い合わせたと報道している。

リバプールの頑なさにコウチーニョ獲得に失敗したバルサは、アーセナルのMFメスト・エジルをそれに代わる候補として見ていた。エジルは高いクオリティを持ち、ジョゼ・モウリーニョ時代にレアル・マドリードでプレーしたことからスペインリーグを知っている。
2010年のワールドカップ直後にバルサがエジル獲得に関心を示した時期があった。しかし当時の監督ペップ・グアルディオラが興味を示さなかったこともありエジルはマドリーへ移籍した。