なぜ「うつ・メンタル不調」は再発するか

写真拡大

うつ・メンタル不調の原因は、脳の「扁桃体」にあることがわかってきた。扁桃体は身体感覚に影響される。胸がドキドキすると相手を「好きだ」と感じることがあるように、頭痛や肩こり、胃痛などが「不安や恐怖」などのストレス感情を引き起こしてしまう。うつ・メンタル不調のメカニズムを、専門家が解説する。

■なぜ、うつ・メンタル不調の再発が止まらないのか

うつ・メンタル不調の原因は扁桃体(へんとうたい)にあることが分かってきました。扁桃体は脳の奥深くにあり、情動反応の発生装置ともいわれ、ここで好き嫌いなどが判断されています。先行研究と弊社顧問・筑波大学名誉教授、宗像恒次博士の研究で明らかにされています。

これまで、うつ・メンタル不調は原因と対策がよくわからない「あやふやな“心”が作り出す病気」ととらえられてきました。しかし、脳科学や遺伝学などの発達で、発症のメカニズムが解明されつつあります。この連載では、働き盛りのビジネスマンには無関係とは言えない、最新のうつ・メンタル不調の対策について解説していきます。

2016年6月18日と19日に、NHKは2夜連続でNHKスペシャル「シリーズ キラーストレス」を放送しました。キラーストレスとは、ヒトの体の中でストレス反応の暴走を引き起こし、人を死にも追い込むストレスのこと。この番組では「ストレスを感じると最初に反応するのは、脳内の扁桃体です」と解説しています。また、番組内で熊野宏昭・早稲田大学教授は「うつは扁桃体で作られる」と発言していました。

現在、多くの企業ではうつ・メンタル不調の対策が急務になっています。罹患する人が相次いでいるからです。そこでの大きな問題は、人数の増え方よりも、「再発を止められない」ということです。うつ・メンタル不調の人は、何度も再発を繰り返してしまう。これが最大の問題です。

なぜ再発が止まらないのでしょうか。

私の推測ですが、多くの企業ではうつ・メンタル不調の原因である「扁桃体の興奮を止める対策」をとっていないためではないかと思います。弊社顧問であり、日本のストレス科学の草分けである筑波大学名誉教授・宗像恒次博士は、脳神経学、遺伝学などをベースに扁桃体を安定化させる研究を1990年代から進め、その集大成として独自の心理療法を開発しました。

弊社ではこの独自の心理療法を今日まで20年以上学んで実践し、多くの企業に提供してきました。例えば、某上場企業では初回うつ休職者の再発率が3年半0%という結果に貢献したこともあり(この企業の産業医が論文発表しています)、うつ・メンタル不調において扁桃体を安定化させる重要性をますます実感しています。

■うつ原因の扁桃体の特徴は

宗像博士の研究により扁桃体には次のような特徴があることがわかっています。

「扁桃体は身体感覚に影響される。身体感覚を良好化すると、うつ・メンタル不調は解決できる」

恋愛を例にとって説明してみましょう。今まで何にも感じていなかった異性に対し、ある日突然、「あ、好きかも」と感じたことはないでしょうか。そして、これはどうしてそう感じたのだと思いますか。

結論から言うと、それは相手の何気ないしぐさに突然、「胸がドキドキ」したり、「顔が火照ったり」「胸キュン」したからなのです。こういう身体感覚が起きたからこそ、扁桃体は「好き」という感情を発生させたのです。

そして、身体から良好な信号が脳に送られると、脳内には無意識に「好ましい顔表情イメージ」が作り出されます。「好ましい顔表情イメージ」のフィルターを通してその異性の顔を見るので、実物以上に「ハンサム」に見え、または実物以上に「かわいく」見えるのです。「恋は盲目」「あばたもえくぼ」という心理状態はこのように作られるのです。

では、うつ・メンタル不調の人はどうなっているのでしょうか。こういう人は、恋愛の時とは逆に一定の刺激にすぐに「身体緊張」が起きやすいという特徴があるのです。頭痛、肩こり、腰痛、胃痛、顔のこわばりなど、うつ・メンタル不調になりやすい人はこうした身体緊張を全身に持っています。

そしてネガティブな身体信号が脳に送られることで、扁桃体は「不安や恐怖」「嫌悪感」のマイナス感情を感じさせる「嫌悪系顔表情イメージ」が作られます。このフィルターを通して周囲の人の顔を見るので、うつ・メンタル不調をかかえる人は、周りの人がすべて自分にとって「怖い存在」に見えたり、「敵」に見えたりするのです。よって仕事で何か問題を抱えた時に、気軽に周りの人々に相談できなくなり、気軽にアドバイスを求めることができないために、一人で抱えてダウンするということになるのです。

----------

山本潤一(やまもと・じゅんいち)
日本メンタル再生研究所所長、うつ・メンタル不調解決支援セラピスト
1958年、北海道生まれ。情動認知行動療法研究所客員研究員。20代から、大手ビジネスマン向け人材教育会社に勤務した後、独立。多くの企業に心理セラピストとして予防研修や集団メンタルトレーニング、個人メンタルトレーニングを提供。近著に『不安遺伝子を抑えて、心がす〜っとラクになる本』がある。

----------

(日本メンタル再生研究所所長、うつ・メンタル不調解決支援セラピスト 山本 潤一)