井手口陽介、乾貴士、浅野拓磨(左から)の先発起用はハリルホジッチ監督の勇気ある決断だった【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

戦術が完璧に機能。選手交代も強気貫く

日本代表は先月31日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦して2-0で勝利。来年の本大会出場権を獲得した。長年のライバルを寄せつけず、完勝とも言っていい歓喜の背景には、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の緻密なプランニングと“勝負師”としての大胆な決断があった。(取材・文:河治良幸)

---

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は予選の最終局面となるオーストラリア戦で完璧なまでの戦略をやり通し、歴史的な勝利に導いた。[4-3-3]のインサイドハーフに山口蛍と井手口陽介、左右のウィングに乾貴士と浅野拓磨を起用した布陣には多くの人が驚きを隠さなかっただろう。

 しかし、ここまでの2年半で指揮官が植えつけてきたスタンダードを先鋭的に表現し、かつオーストラリアを苦しめるためのプランを遂行するには現メンバーでベストのチョイスだったと評価せざるをえない。

 山口と井手口の起用は相手の両ボランチに仕事をさせない意図が明確に表れていたし、そこからウィングとSBが積極的に3バックの脇を突く戦い方も多少のミスはあれ、戦略的にはパーフェクトに近い形で機能していた。

 しかし、それ以上に驚かされたのが後半の選手交代だ。

 1点を追いかけるオーストラリアのアンジ・ポステゴグルー監督は当然のごとく攻撃のカードを切ってきた。後半16分にジェームズ・トロイージに代えトミ・ユリッチ、後半25分にはトム・ロギッチに代えティム・ケーヒルを投入して実質4トップのような形になった。

 そうなると“パワープレー対策”に守備的な交替カードを切っていくのが定石だろう。しかし、ハリルホジッチ監督はスタートから左サイドで攻守に奮闘していた乾に代えて原口元気を投入し、サイドのプレッシャーとカウンターを再点火した。

「存在感はありますし怖かったですけど、ケーヒルが入っても放り込んでこなかったので、そこは助かったかなと思います。ヘディング強いですからね2人とも。だから中はけっこう落ちついていましたし、どこを抑えるかは明確にできた」(酒井宏樹)

 現在のオーストラリアは前線の枚数を増やしても、なりふり構わずロングボールを蹴ってくる可能性は低い。ならば日本も前からのプレッシャーを落とさずに起点を削っていけば、危険なボールがいきなり入ってくる危険は少ない。そうしたスカウティングからの決断が交替カードでも示されたのだろう。

歓喜呼んだ指揮官の綿密な準備。2ヶ月の成果がピッチに現出

 そして原口の粘り強いつなぎから井手口の鮮やかなミドルシュートが決まり、2-0になるとオーストラリアは中盤を展開力のあるジャクソン・アーバインから推進力のあるムスタファ・アミニに代えて最後の猛攻を仕掛けようとした。だが、ここでもハリルホジッチ監督は守備の枚数を増やしたり、後ろのディフェンスを強化したりする代わりに、岡崎慎司と久保裕也を立て続けに入れて前線のプレスとカウンターを強化した。

 興味深いのが後半にピッチサイドで入念にウォーミングアップをしていた選手の顔ぶれだ。結果的に投入された3人に加え、柴崎岳、香川真司、そして途中から酒井高徳が加わる形で行われていた。おそらく柴崎と香川はオーストラリアに追いつかれた場合の攻撃オプション、酒井高徳は守備陣のどこかに動きの低下やアクシデントがあった場合を考えた準備だろう。いずれにしても非常に前向きなプランがこれらの準備にも見てとれた。

 西野朗技術委員長も「選手交代のタイミングが完璧だった」と感嘆する采配はブラジルW杯でアルジェリア代表をベスト16に導き、世界王者となるドイツを最後まで苦しめたハリルホジッチ監督の“勝負師”ぶりが発揮されたものだが、それは「(オーストラリアを)2ヶ月前から分析している。ロシアに行ってコンフェデも観てきた」指揮官の周到なプランを、コンディションの見極めも含め、現在の“ベストメンバー”で実現した形と言える。

 個々のミスはあったし、前半はポストに救われるシーンもあったが、最終的に相手のシュートを6本に抑え、18本のシュートを記録したというデータはどちらがゲームの主導権を取っていたかを明確に示している。日本が8本のCK、11本の直接FKを蹴ったのに対し、オーストラリアが3本のCK、5本の直接FKに終わっているのもロジカルな結果と言える。

 ただ、少々の誤解が広まっている部分もあるように思うが、ハリルホジッチ監督がこういう戦い方を理想のスタイルとして描いていると言えばそうではない。ここまで積み上げたスタンダードをベースにオーストラリアという相手に対してベストと考えられる戦い方をしたのであり、勝利のために必要なら別の選択、選手起用をしていたのではないか。

 今回のオーストラリア対策はここまでの積み上げをダイレクトに表現しやすいシチュエーションで、それを経験豊富な指揮官が恐れることなく実行し、成功に導いたということだ。ここから最終予選のラストゲームであるサウジアラビア戦にどういうメンバーで臨み、そこから本大会に向けてどういう強化をしていくのかワクワクしたいところだ。ここまで継続的に2年半を追いかけてきた記者の1人としても、何とか“ハリルジャパンの冒険”がW杯本大会まで継続されることを願っている。

(取材・文:河治良幸)

text by 河治良幸