女優の真木よう子(34)が8月31日、所属事務所の公式サイトを通じて、フォトマガジン出版の手法を巡る炎上など一連の騒動について謝罪。今後は「原点に戻り、精進していく覚悟でございます」と記した。

 「皆様へ」のエントリーで「この度、私が起こしてしまいました事柄により、皆さま方に多大なるご迷惑とご心配をおかけしてしまいました」と詫び「どなたのせいでもなく、私自身の軽率さと、馬鹿さが原因だと猛省しております」とつづった。

 今後は「原点に戻り、精進していく覚悟でございます」と決意を新たにし「改めてお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」と結んでいる。

以下、コメント全文

皆様へ

この度、私が起こしてしまいました事柄により、皆さま方に多大なるご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。

大変申し訳ございませんでした。

どなたのせいでもなく、私自身の軽率さと、馬鹿さが原因だと猛省しております。

よくよく自分を見つめ直し、反省し、出直したく改めてお詫び申し上げます。

今後は、原点に戻り、精進していく覚悟でございます。

改めてお詫び申し上げます。

申し訳ございませんでした。

平成29年8月31日 真木よう子

ORICON NEWS

ORICON NEWSは芸能・音楽・映画・スポーツ・社会など多種多様なジャンルのニュースや動画・ランキングなど、トレンド情報を提供する総合ニュースサイトです。 ⇒http://www.oricon.co.jp/