ドルトムント、デンベレの後釜に17歳新星FW獲得のなぜ 厚遇に潜む“思惑”を独紙特集

写真拡大

新たにエース格の背番号7を託されたサンチョ、移籍金9億円の厚遇

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、移籍市場の期限最終日にマンチェスター・シティの下部組織でプレーしていたU-18イングランド代表MFジェイドン・サンチョを獲得した。

 なぜ、ドルトムントはトップチーム出場経験のない未知数のタレントに、高額の移籍金とフランス代表MFウスマン・デンベレの移籍で空いたレギュラー格の背番号「7」を与えたのだろうか。

 ドイツ紙「WAZ」によれば、サンチョの移籍金は700万ユーロ(約9億2000万円)。契約期間は明らかにされていないが、長期契約を結び、トップチームに加わることが発表されている。U-17欧州選手権でイングランドの準優勝に貢献した逸材とはいえ、トップチームでのプレー経験がない選手としては異例の厚遇となっている。

 同紙では「なぜBVBはプロ契約のないサンチョに数百万ユーロを支払ったのか?」と特集が組まれた。選手としての才能が高い評価を受けているのは当然として、さらに2つの理由が挙げられている。

「BVBは、この選手(サンチョ)がプロ契約を結んでいない選手にもかかわらず、2つの理由から数百万ユーロを支払った。クラブはマンチェスター・シティと公正な合意を取り付けることに関心を持っていた。それから、この移籍に仲裁裁判所によって、遅れが出たり破談となることを避けたかった」


ウォルクSDが「最も大きな才能」と期待

 記事では、ドルトムントの思惑としては、シティとの交渉を穏便に済ませるためだったとしている。昨夏にはドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンの移籍で取引をしている両者の関係をこじらせたくはなかったようだ。

 サンチョにはミヒャエル・ツォルクSDも「ヨーロッパのフットボールで最も大きな才能を持つ一人」と大きな期待を寄せる。バルセロナへ移籍したデンベレがつけていたエース格の7番を与えられたウインガーは、クラブの期待に応え、ジグナル・イドゥナ・パルクのファンのハートを掴み取ることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images