キューバの首都ハバナにある米国大使館(2015年12月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】キューバの首都ハバナ(Havana)にある米国大使館に「音響攻撃」が仕掛けられたとされる問題で、米外交官らが加入する労働組合は1日、健康被害を受けた職員には脳を損傷したり、永久的に聴力を失ったりした人がいることを明らかにした。

 米政府は先月、ハバナで昨年始まった一連の出来事で、少なくとも16人の大使館職員らがけがをしたと発表。しかし、けがの程度についてはこれまで公表していない。

 米国の外交や国際援助関係者の労組、米国外務協会(AFSA)は今回、治療を受けた10人に話を聞いた。

 それによると、診断結果には「軽度の外傷性脳損傷や恒久的な聴覚喪失」が含まれていた。また、平衡感覚障害や激しい頭痛、認知力の混乱、脳腫脹(しゅちょう、脳容積が増大すること)などの症状もみられたという。

 米国務省は、この攻撃は「前代未聞」だとし、キューバ政府には自国内で勤務する外交官らの安全を守る責任があると警告している。攻撃の背後関係についての見解は明らかにしていない。
【翻訳編集】AFPBB News