アレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】

写真拡大

 アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、FWアレクシス・サンチェスがチームのためにベストを尽くすと確信している。指揮官のコメントを英紙『デイリー・メール』などが伝えた。

 サンチェスはアーセナルとの契約が残り1年だが、契約延長の意思はない。そのため、今夏の移籍が話題になっていた。

 選手本人は移籍を希望しており、マンチェスター・シティが獲得に動いていたとされている。だが、ヴェンゲル監督によるとシティへの移籍に「迫っていたわけではない」とのこと。サンチェスのモチベーションに不安はないようで、「100パーセントでやってくれるし、それについて疑問はない」と話している。

 サンチェス獲得に失敗したシティは、1月の移籍市場で再度獲得に動く可能性があるとも伝えられているが、アーセナルでどのようなプレーを見せるだろうか。

text by 編集部