日本のマツダ・ロードスター(ND)をベースに、イタリアのエッセンスが盛り込まれたアバルト124スパイダーは、マツダが生産を受け持っています。

エクステリアデザインや1.4Lターボエンジン、MTにNC系ロードスターのそれを使うなど差別化が図られていて、フィアットらしいロードスターに仕上げられているから不思議です。

そのアバルト124スパイダーが日本に上陸したのは、2016年10月8日ですから間もなく1年。2017年9月9日から100台限定で「124 spider 1 Year Anniversary(ワンイヤー・アニバーサリー)」が発売されます。

ボディカラーに、124スパイダーの個性を強調する「メタリック・ブラック(NERO SAN MARINO 1972 ブラック)」を同モデルとして初めて採用。

内装は、高いホールド性能で定評のあるRECAROシートが特別装備されるほか、カタログモデルではオプションのレザーシート/ナビゲーションパッケージ(アダプティブ機能付フルLEDヘッドライトやナビゲーション用SDカード、CD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナー)も用意されています。また、ヘッドライトウォッシャーやアダプティブ機能付フルLEDヘッドライト(光軸自動補正式)も標準装備。

「Abarth 124 spider 1 Year Anniversary」の価格は、MTが4,266,000円、ATが4,374,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】アバルト124スパイダーにクールな内・外装が魅力の1周年記念車が登場(http://clicccar.com/2017/09/02/506464/)