マドンナがポルトガルに移住へ、その理由とは

写真拡大

マドンナ(59歳)が、リスボンに移住するようだ。

マドンナは元夫(ガイ・リッチー)と迎えた、11歳になる養子のデヴィッドくんが、リスボンを本拠地とするサッカーチーム・ベンフィカのユースアカデミーに入った後、ポルトガルへの移住を決めたようだ。

ポルトガルの地元誌によると、マドンナは「観光客ではなくリスボン在住者」であり、現在リスボンのホテルに滞在し、シントラにある700万ポンド(約10億円)はくだらないという19世紀建築の家を購入。最大6か月におよぶ改築工事の完成を待っているところだという。

別の地元紙はデヴィッドくんが春のテストの後、セイシャルにあるベンフィカのトレーニングセンターに入り、リスボンにあるフランス語学校が始まるまでそこに滞在すると報じている。

最近マドンナはインスタグラムにポルトガルからの投稿を繰り返していて、今年3月から家探しをしているとのことだったが、当時関係者は次のように語っていた。

「マドンナは3月に初めてポルトガルを訪れてファンは大騒ぎだったようです。ある不動産会社はインスタグラムから直にメッセージを送って、マドンナもフォローを返したといいます。これが移住を決めたことがはっきりした瞬間ですね」
「今その町はこのニュースでもちきりですよ。マドンナはある特定の物件に決めたようでそこの不動産会社がマドンナに売却したことを発表しています」
「丘の頂上に位置するたくさんのベッドルームとバスルームがある、素晴らしいイスラム様式が目をひく建物です。建物の中はすでに大規模なデザインの変更計画のようですが」