彼氏もいないし、友達も忙しそう……。一人で過ごす休日は、とても貴重。特に予定も入っていないなら自由に過ごすチャンスです!
ただ、お休みの日は街も大混雑! おひとりさまでも疲れない過ごし方を選びましょう。今回は、おひとりさま休日を楽しむコツをご紹介いたします。

早朝からお出かけする

一般的なお休みの日の場合(土曜日や日曜日)、日中になると街はどこもかしこも大混雑。お茶の時間帯は特にどこのカフェも満席で、移動するのも面倒くさい! もし、おひとりさまで過ごすと決めたら早朝からお出かけするのをおすすめします。
朝早く起きるのは、かなりつらいですが、ちょっと我慢して起きてみると、意外と1日が充実します。たくさん楽しんだ〜と思っても、まだ11時だったりすると、とても得した気分になれますよね。早朝のカフェはどこも空いていて、席がとれるかどうか心配しなくて済みます。一人で朝活をするなんて大人な過ごし方!

カップルが少ないエリアを選ぶ

おひとりさまで出かけるとなると問題なのは外出先。どこに行ってもカップルが楽しそうにしていると、一人で過ごすことに抵抗があるのでは? たとえば東京の場合、渋谷や表参道、青山のようにオシャレスポットには、たくさんの若いカップルが集います。そんなところに出かけても、さらに疲れるだけでしょう。
一人でお出かけするときは、比較的カップルが少ないエリアを選び、大人な人たちが集まる場所でゆっくり過ごしましょう。きっとあなたの街にもそういった「過ごしやすい場所」があるはず。

おひとりさまスペースがあるお店を選ぶ

おひとりさま休日で意外と困るのが、どこでランチをとるかです。元々一人が得意なら何も問題はありませんが、一人で過ごすことに抵抗がある方の場合、お店でランチをするだけでもハードな時間になるでしょう。ポイントとしては、おひとりさまスペースがあるお店を選ぶことです。
おひとりさまのお客さまに対して親切なお店とそうではないお店があります。何も言わなくても、自分と同じようにおひとりさまで来店しているお客さんの近くに座らせてくれるような、親切なお店でランチをしましょう!

たまには、ホテルでゆっくり!

おひとりさまで街を歩くのが面倒くさければ、ちょっとだけぜいたくをして、ホテルでゆっくり過ごされてみてはいかがでしょう? ビジネスホテルももちろんOKですが、もうちょっとだけがんばって、プチぜいたくを楽しむのもおひとりさま上級者の過ごし方です。
最初は一人で過ごすことに抵抗があっても慣れると、どこの場所でも自分の居場所をつくれるようになって、ますます毎日が楽しくなります。いきなり一人旅というと、ハードルが高くなりますから、まずは近くのオシャレなホテルから当たってみては?

いかがでしたか? おひとりさま休日も工夫次第でどんどん充実した時間になります。一人だからってネガティブにならずに、おひとりさまだからこそ楽しめることに注目して、今よりももっと毎日を充実させましょう!