トヨタ自動車が8月30日、2017年 1〜7月の累計生産/販売台数を発表しました。

それによると、国内生産は185.5万台(前年同期比+0.8%)、海外生産が339.4万台(同+1.6%)となっており、双方を合わせたグローバル生産は524.9万台(同+1.3%)となっています。

また、国内販売台数は100.2万台(同+7.0%)、輸出が100.7万台(同+4.1%)の状況。

一方、7月単月の国内生産については昨年、熊本地震やグループ会社の工場事故で生産停止に追い込まれ、挽回に向けた増産の影響を受けて今年は27.1万台(前年同月比‐8.3%)と減少しており、国内販売もプリウスの需要が一段落した影響などから、13.6万台(‐9.8%)と9ヵ月振りに前年を下回る結果となっています。

同様に海外生産についても43.1万台(同‐0.2%)とやや減少していますが、世界販売の牽引役とも言える新型「カムリ」の生産が7月にTMMK(米ケンタッキー工場)でスタートしており、今年後半の追い込みが注目されます。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

「レクサス」の世界販売実績(2017年上期)をトヨタ自動車が発表
https://clicccar.com/2017/08/29/505267/

クルマ好きのハートを鷲掴みにする!? 新型「カムリ」はCMにも注目!
https://clicccar.com/2017/07/24/494250/

8代目トヨタ 「カムリ」が量産に向けてパイロット生産をスタート!
https://clicccar.com/2017/07/05/488875/

新型カムリで追い込みなるか? トヨタが1〜7月の生産・販売状況を発表(http://clicccar.com/2017/09/02/506614/)