「極楽とんぼKAKERU TV」で過酷なドッキリが!/(C)AbemaTV

写真拡大

8月31日に放送された「極楽とんぼKAKERU TV」(AbemaTV)で、極楽とんぼ・加藤浩次がSKE48メンバーにドッキリを敢行し、惣田紗莉渚は「芸能界やめようかなと思った」とまで追い詰められる一幕があった。

【写真を見る】SKE48の人気メンバーがガチで号泣!/(C)AbemaTV

今回は「SKEのプロ根性にかける!アイドル公開生ドッキリ」と題し、SKE48から日高優月、惣田、古畑奈和、大場美奈の4人が登場。生放送中に機嫌が悪くなる加藤を見ても、アイドルらしく笑顔で乗り切ることができるかというドッキリを行った。

「山本(圭壱)に今はやっていることを紹介する企画」だと思ってスタジオに入ってきた4人は、序盤から機嫌の悪い演技をする加藤に怖がりながらも、そこはアイドルらしく元気な笑顔を見せる。

山本が4人の名前を当てるコーナーでは、惣田のことを「松居一代さん!」とボケると、加藤は「あり得ないだろ」とますます不満な様子。

さらに、スタッフがわざと「大場美奈」を「大場美香」と間違った名前のカンペを出すという初歩的なミスを連発すると、加藤はさらに不機嫌な演技を見せる。

“ニセCM”に入り、カメラが回ってないように装うと、加藤はスタッフに対し「ひどいよ、まじで。もうカンペ出さなくていいからそこに正座しておけよ」と迫真の演技で責めたてる。さらに山本が加藤をなだめても怒りが収まらない姿に、思わずSKE48の4人は凍りつく。

しかしそこはプロ根性で、CMが開けるとギリギリ笑顔を保っていた。

続く企画で加藤と山本の印象をSKE48の4人が話すコーナーでは、何を言われてもわざと薄い反応をする加藤。さらに、山本が“ビンタ占い”と称して、ビンタでその人の性格を占うコーナーが始まると、山本は古畑がビンタした瞬間に歯が取れてしまったフリをする。

生放送中だというのに歯が折れたことでスタジオを飛び出してしまう山本に加藤が「歯が折れたくらいで行くなって」と服をつかんでキレると、山本も怒り出し「もう十分だろ。おまえが殴れ殴れって言ったら(SKE48の4人が)どんどん強く殴るだろ」と声を荒げた。

ガチでつかみ合う(ように見える)2人の演技に、目に涙を浮かべる日高をはじめ、全員の笑顔が消えてしまう。

再びニセCMに入ると、加藤と山本は、さらに取っ組み合って怒鳴ったり、椅子を蹴ったりやりたい放題キレ、2人の熱演でスタジオの空気は最悪に。

思わず我慢が出来ず涙を流してしまうSKE48メンバーの前に、「ドッキリ大成功」のフリップを持って山本が登場すると、驚きのあまり4人は涙が止まらない4人。

「ことのほかうまくいったね」と笑う加藤に対し、日高は「もう無理」、惣田も「ひどい…。芸能界やめようかなと思った」と本気でつらかった思いを爆発させる。

また、日高はドッキリの感想を「これから人を疑って生きていかないといけないと思った」と話し、スタジオに笑いが起きた。