ミス・ユニバース・ジャパンの阿部桃子

写真拡大

 7月4日、2017年のミス・ユニバース日本代表(ミス・ユニバース・ジャパン/MUJ)を決める選考会(ミス・ユニバース日本大会)が開催された。47人のファイナリストの頂点に輝いたのは、千葉県代表の阿部桃子だ。阿部はMUJに選ばれた際、テレビリポーターで俳優の阿部祐二の娘であることが報じられて話題となったが、これからミス・ユニバース世界大会に向けて、より一層の輝きを増し、注目が高まるだろう。

 MUJの一挙手一投足が世間に与える影響は大きい。過去のMUJを見ても、大和撫子としての奥ゆかしさや芯の強さなど、日本人女性の魅力を世界に認めさせてきた。その結果、日本の文化やファッション、コスメなども海外から注目され、経済効果も大きいといわれる。

 今回、ミス・ユニバース日本大会を運営する一般社団法人ミス・ユニバース・ジャパンおよび株式会社HDRの担当者である竹國和紀氏とMUJの阿部に、話を聞いた。

●MUJの歴史

 MUJは、1952年当初より世界大会に参加している。

「弊社は、MUJにまったく新しいミス・コンテストのコンセプトを持ち込み、日本女性の素晴らしさを世にアピールすべく活動しています。また、乳がん早期発見・予防促進活動、エイズストップ基金などを通じて、社会奉仕活動へ参加するなど、外面的な美しさだけでなく、知性、感性、誠実さ、人間性といった内面の輝き、社会に積極的に貢献したいという社会性を兼ね備えた“オピニオンリーダー”の創造・サポートをコンセプトにしています。いわば、日本の若い女性達の人生におけるプラットフォーム(=きっかけ)を与えることをひとつの目的としています。MUJは1年を通したイベントとして成長し、今や日本の若い女性の間においても、もっとも価値のあるタイトルとして認識されています」(竹國氏)

 これまで、ミス・ユニバース世界大会で優勝した日本人は、児島明子(1959年)と森理世(2007年)の2人だ。筆者の主観だが、2人のミス・ユニバース世界大会優勝者を比較してみると、時代の社会的変化に伴いミス・ユニバースに求められる女性像やリーダー像も変化しているように感じる。

 そう考えると、2017年MUJの阿部は、まさに時代が求める女性像といえるだろう。彼女の日本大会でのスピーチから、彼女が聡明で愛情深い女性であることがうかがえる。4月にカンボジアを訪れ、HIVの現状を知った彼女の志のひとつが「人々の心に寄り添い、正しい知識を発信することでHIVに苦しむ人々を減らす」ことだという。海外に限らず日本でもHIVの感染者は増加傾向にあるが、HIVの正しい知識については十分に啓蒙されているとはいえない。彼女がHIVについて問題提起し、国内での認識を変えてくれることに期待したい。

●ファイナリストたちの意識の高さに驚き

 阿部がミス・ユニバースにエントリーしたきっかけについて質問すると、このように答えた。

「高校生のボランティア活動で老人ホームにうかがった際、ひとりの女性が私に『あなたの笑顔で幸せな気持ちになった』と言ってくださいました。それから、自分の笑顔で世界中の方々に愛や希望を届けたいと思うようになったのが、ミス・ユニバースを目指そうと思ったきっかけです」(阿部)

 また、日本大会では、阿部同様にファイナリストたちは奉仕の精神を持ち、社会貢献への意欲を語っており、その意識の高さに驚く。エントリー時点で、すべての女性がそのような考えを持っているのか疑問に思い、竹國氏に聞いてみた。

「もともと社会貢献活動に積極的に従事していた方が、その手段のひとつとしてミス・ユニバースを目指す場合もあれば、選考の過程や実際のチャリティ活動に参加することで興味を持つ方もいらっしゃいます。事務局としては、過去に何をやってきたかばかりではなく、今後も継続して何をしたいか、何ができるかを考えるきっかけになればと考えています」(竹國氏)

 大会期間中に、ファイナリストたちはボランティア活動をすることが恒例となっており、その点も日本大会のスピーチでアピールする点となる。

「地方大会で代表が決まってから日本大会までの期間に、各県代表が一堂に会する機会を用意しています。そのときに、グループで話し合って企画提案してもらいます。単に、できることをやるというだけではなく、その結果や効率、また自分たちの強みをどう生かせるかを意識して考えてもらっています」(同)

 大会期間中、ファイナリストたちはボランティア活動のほか、さまざまなトレーニングを行う。特に日本大会を前に行われる2週間のビューティキャンプでは、多くのスキルを学ぶ。阿部はビューティキャンプを振り返り、こう話す。

「大会期間中、私は自分に自信がありませんでした。しかし、ビューティキャンプ中に、9時から19時までの講義を終えた後、毎晩2時間の自主練習をしていた努力が、自分に自信を与えてくれました。そしてもうひとつ、ステージの前方からの声援もありましたが、45人のファイナリストの仲間たちからの声援というのがとても心に残りました。勝敗が決まってしまう厳しい現実のなかでも、相手を思いやる言葉をかけてあげられる彼女たちは心から美しいと思える、真の美しい女性たちだと思います」(阿部)

●3人目の日本人優勝者誕生に期待

 阿部が世界大会で優勝すれば、3人目の日本人優勝者の誕生となる。期待が高まるところだが、運営サイドは意外にも冷静だ。

「出場応募者のなかには、2007年世界大会優勝者の森理世さんに憧れて応募したという方が今でも多くいらっしゃいます。世界的に活躍する女性のひとつのロールモデルとして広く紹介されることになりますので、これからの世代の方に大きなインパクトになると思います」(竹國氏)

 同様に、阿部も日本代表になったことで浮かれる様子は微塵もなく、次のステージや、自分の目指すべき道に向かってブレずに進んでいる。

「私は世界大会で優勝することではなく、常にその後に私にできる社会貢献活動を考えています。そのため、世界大会では支えてくださるすべての方々に感謝して、自分を信じ、自分らしく輝けると思っています。そのために、一分一秒も無駄にしないように邁進していきます」(阿部)

 これまでも、MUJをきっかけに活躍の場を広げた出場者も多い。そして今後も、MUJへの挑戦が女性にとってチャンスの場となる一面もあるだろう。

「ミス・ユニバース日本大会は、最終的には日本代表を選考するイベントですが、それがすべてではありません。オピニオンリーダーとして必要なものは何かを考え、行動により自信を深め、今後輝いていくためのきっかけとなるようにサポートをすることを目的のひとつにしています。コンペティションの結果とは別に、得るものがあると思いますので、ぜひ思い切って挑戦してみてください」(竹國氏)

 最後に無粋な質問ではあるが、阿部に、阿部祐二リポーターを父に持っていることについてどう思うか聞いてみた。

「特にどうも思わないです。両親の深い愛情、そして私を信じてここまで育ててくれたことに感謝しています」

 阿部リポーターが大事に育てた愛娘と聞くだけで応援したい気持ちになるのは筆者だけではないだろう。世界大会での阿部の麗しい勇姿を見るのが楽しみである。
(構成=道明寺美清)