松山、前半は2オーバー(撮影:GettyImages)

写真拡大

<デル・テクノロジーズ選手権 初日◇1日◇TPCボストン(7,342ヤード・パー71)>
米国男子ツアー、プレーオフシリーズ第2戦「デル・テクノロジーズ選手権」が初日。松山英樹が前半のプレーを終えた。
米国男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック!
松山は3番パー3でダブルボギーが先行。4番でバンカーからのセカンドショットを約2メートルにつけ1つバーディを奪取、1つ取り返したが6番でボギーを叩いてしまう。結局、ダボを取り返せず、2オーバーで後半のプレーに入った。
ハーフターン時の順位は61位タイ。現時点の首位は5アンダーでホールアウトしたダスティン・ジョンソン(米国)。1打差にセルヒオ・ガルシア(スペイン)らがつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

デル・テクノロジーズ選手権のスコア速報
プレーオフシリーズを解説!松山英樹、2017年間王者への道
松山英樹はオッズ15倍 マキロイ、デイと並ぶ高評価
先週予選落ちの松山英樹はV予想13番手 DJが優勝最右翼に 
【松山英樹インタビュー】年間王者は、「意識して勝てればタイガー並み」