【極秘】伝説の特撮シリーズ・ウルトラマンの知られざる秘密と噂10選 / 火薬が怖くて構えが低くなる

写真拡大 (全4枚)

ウルトラマンと言えば日本が誇る伝説の特撮テレビ番組。カラーテレビの放送が始まった1966年にシリーズ第1話が放送となってからすでに50年が経過しましたが、現在も最新作「ウルトラマンジード」がテレビ東京系列で放送されるなど、幅広い世代から支持を集めている作品であることはもはや言うまでもないでしょう。

ウルトラマンの極秘情報を発表



長い歴史のあるウルトラマンシリーズにはたくさんの知られざる秘密が存在しています。今回はその中から初代ウルトラマンについての秘密を中心に厳選したとびっきりの極秘情報と噂をお届けしましょう。皆さんはいったいいくつご存知でしょうか。

1. 初回放送日が急きょ繰り上がった

ウルトラマンの初回放送は1966年7月10日で、この日は「ウルトラマンの日」とされているのですが、実は本来は7月17日に初回放送を迎える予定でした。7月10日には前作にあたる「ウルトラQ」の最終話が放送される予定だったのですが、内容が難しいということで急きょ放送中止に。そして「ウルトラマン前夜祭」という特別番組が放送され、空前のウルトラマンブームに火をつける役割を果たしたのです。

2. ウルトラ兄弟は本当の兄弟ではない

ウルトラマンシリーズに登場するウルトラマンたちは「ウルトラ兄弟」と称され、ウルトラの父、ウルトラの母というキャラクターも登場するため、全員が兄弟のように思えますが、実際は血縁関係がほとんどありません。タロウがウルトラの父・母の子供であり、レオとアストラに血縁関係があるだけで、その他は他人でしかないのです。



3. ウルトラの父・母の本名

ウルトラの父とウルトラの母にもかつては名前があったという設定になっています。ウルトラの父はウルトラマンケン、ウルトラの母はウルトラウーマンマリーという名前だったのです。

4. ウルトラの母の姿が違うことがあった

ウルトラの母は初登場時とその後でヴィジュアルに若干の変化があります。それはなんと初回撮影時にウルトラの母の着ぐるみが間に合わなかったため、急きょ初代ウルトラマンの着ぐるみを使いまわして撮影をしたからなのです。

5. ウルトラマンは2万歳

初代ウルトラマンの年齢は約2万歳です。第39話でのセリフによって明かされています。相撲評論家のデーモン閣下は10万54歳ですからそれほどではありませんが、デーモン閣下と年齢で比べることができるのは初代ウルトラマンくらいかもしれません。

6. ウルトラマンの顔は2回変わっている

初代ウルトラマンは全39話の中で2回顔のマスクが変わっています。最初はウルトラマンが喋ることや、口から液体を吐く必殺技を出すことを想定して口を動かせる構造にしてありました。しかし撮影を進める中で口を動かすことに無理があると分かり、なおかつ着ぐるみの劣化が想定よりも激しかったため、14話の撮影時にマスクを新調。さらに30話の撮影時にも新調され、口元が軽く微笑んでいるように見えるマスクに変わったのです。

7. スペシウム光線は急きょ決まった必殺技

ウルトラマンの必殺技と言えばスペシウム光線ですが、当初は怪獣のように口から火を吐く必殺技が想定されていたり、先述の通り口から液体を吐く必殺技が考えられていました。ところが忍者が手裏剣を投げるポーズと、時代劇の真剣白刃取りポーズがカッコいいという話になり、2つを合わせてスペシウム光線のポーズが生まれたのです。



8. 構えが低くなったのは火薬が怖いから

ウルトラマンが戦闘時に腰を落として構えるようになった理由には諸説ありますが、もともとのきっかけは撮影に火薬を使いまくることが怖くて腰が引けてしまったことなのだそうです。ところが、猫背になることでカラータイマーがしっかり映り込むようになり、なおかつ敵のスキをうかがっているようにも見えるため、腰を落として猫背気味で戦うのが定着したのです。

9. 最初に地球に来たのは帰ってきたウルトラマン

ウルトラマンシリーズの舞台設定は、初代ウルトラマンは作中でもブレがありますが1990年代という説が強く、ウルトラセブンが1980年代、帰ってきたウルトラマンが1970年代だと言われています。この説が正しければ、帰ってきたウルトラマンが一番最初に地球にやって来たウルトラマンということになってしまうのです。

10. ウルトラマンの企画段階の名前はベムラー

ウルトラマンの企画書が初めて作成された段階では、タイトルは「科学特捜隊ベムラー」と言うものでした。ウルトラマンという名前ではなくベムラーという名前の主人公が地球を救うというものだったのです。その後、さまざまな兼ね合いでウルトラマンという名前に変わったのですが、ベムラーという名前は第1話に登場する怪獣の名前として残されることとなったのです。



まだまだ続くウルトラマンシリーズ



以上、初代ウルトラマンを中心にウルトラマンシリーズの極秘情報をお届けしました。ウルトラマンシリーズは「最も派生テレビシリーズが作られたテレビ番組」としてギネス世界記録にも認定されているほど多くのシリーズが誕生し、今なお続編が作られています。

やはりそれは初代ウルトラマンが多くの人を熱狂させたからこそだと言えるでしょう。これから先には一体どんな続編が作られるのか楽しみですね。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/