ドイツ代表、圧倒できず。それでも勝ち点3獲得【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間1日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループCのチェコ対ドイツは、2-1でアウェイのドイツが勝利した。

 ここまで欧州予選6戦6勝のドイツは、開始早々に先制点。4分、エジルのスルーパスを受けたヴェルナーが冷静に決めて1-0とした。

 しかし、ドイツはそのあとが続かない。ボールを支配するが、チェコが要所を抑えて攻撃を仕掛けてくる。

 後半に入っても同じ展開が続くと、終盤にチェコが反撃。78分、ヤンクトのパスを受けたダリダが完璧なミドルシュートを突き刺して1-1に追いついた。

 それでも、ドイツが底力を見せる。88分、ドイツはセットプレーのチャンスを得ると、クロースがペナルティエリア内に入れたボールをフンメルスがヘディング。見事ゴール右隅に決めて、土壇場で勝ち越しに成功した。

 これでドイツは無傷の7連勝。この日サンマリノに3-0で快勝した2位北アイルランドとの勝ち点5差を維持し、W杯出場に一歩前進した。

text by 編集部