もし自分の好きな人が友達を好きだったら、あなたならどうしますか? 友達は何も悪くないのに、友達を恨んでしまったり変に避けてしまったり、恋愛関係で友達とこじれてしまうのはとても悲しいですよね。友達もあなたに気をつかうでしょうし、なるべく波風を立てない方法で解決したいものです。そこで今回は、好きな人が友達を好きだった時にあなたがすべきことをまとめてみました。

自分の気持ちと友達の気持ちを確認する

まずは、自分の気持ちを友達に伝えてみましょう。友達を驚かせてしまうかもしれませんが、今後こじれないようにするにはまず伝えるのが得策です。そして、友達は彼のことをどう思っているのかも確認しておくといいですね。

友達を悪者にしない

人を好きになるのは仕方がないことですし友達は何も悪くないわけですから、お気持ちは分かりますが絶対に責めてはいけません。ここで友達を悪者にしてしまうと以前のような関係に戻すことは難しくなってしまいます。

しばらく距離を置いてみる

気持ちを落ち着かせるために、しばらく友達とは距離を置いてみましょう。これは避けるのではなく、「気持ちを落ち着かせたいから」と理由をしっかり伝えれば友達も分かってくれるはずです。今後友達とどういう関係でいたいのか・好きな人への気持ちはどうするかなど、1人になって考える時間が大切です。

気持ちが落ち着いたら連絡をとる

気持ちが定まったら友達に連絡をしてみましょう。まだ自分の中で整理がついていない段階で連絡をしても、友達もどうしていいか分からなくなってしまいます。長い時間をかけても良いので、気持ちの整理がつくまで連絡をするのは我慢です。

今後どうしたいかを友達と話し合う

これからも仲良くしてほしい気持ちがあるならそう伝えるべきですし、友達がもしかしたら好きな人と付き合う可能性もありますから、その点も友達の話を聞いてみるといいですね。どんな結果になっても受け入れられるくらいの気持ちで話し合いに臨みましょう。

不必要に傷つける言葉は言わない

もし友達が付き合うことを選択した場合、「私より好きな人をとるんだね」「なんで私じゃなくてあなたなの?」など、言いたいことはたくさんあると思います。しかし、友達がたくさん悩んで苦しんで出した結論ですから、傷つける言葉は言わないであげてください。言われなくても友達は十分分かっているはずです。

漫画のような三角関係なんて現実に起こらないだろうと思っていても、意外とこのような展開は珍しくありません。苦しいと思いますが、友達も好きな人も大切な人ですから、その2人が幸せになるならうれしいですよね。ちょっぴり背伸びをして、2人の恋の応援をしてあげるのも良い人生の経験かもしれません。