飲酒運転の疑いで逮捕されていたエバートンのFWウェイン・ルーニーは1日、拘置所から保釈されたようだ。イギリスメディア『ミラー』はフードをかぶったまま移送されるルーニーを撮影し、「昨夜と同じ服装だ」とキャプション付きで報じている。

 各社の報道によると、ルーニーは9月1日未明、チェシャーの自宅近くで飲酒運転していたとして職務質問を受け、容疑が固まった後に逮捕された。その後、拘置所で取り調べを受け、一夜明けた同日朝に釈放されたという。

 31日夜には、チェシャーのバーで、クリケット選手のジャック・マッカイバーのインスタグラムアカウントにツーショット写真が投稿されていた。なお、写真はその後、削除されている。

 また、マンチェスター・ユナイテッドで共にプレーし、現在はインドでプレーしている元イングランド代表DFウェズ・ブラウンとみられる仲間と一緒にいたという報道もある。

 ルーニーは今月18日、軽微な犯罪を扱うストックポートの治安裁判所に出頭する予定となっており、その場で処分が決められる。

 イングランド代表で119試合に出場し、歴代最多の53ゴールを誇るルーニーは、クラブでも歴代2人目のプレミアリーグ200得点を記録しているスター選手。しかし、ピッチ外でのトラブルも多く、最近では昨年11月にイングランド代表招集中の泥酔写真が流出する問題を起こしていた。

 今回の事件は「エバートンに全てを捧げる」と代表引退を表明した矢先の出来事だった。


●プレミアリーグ2017-18特集