17-18ブンデスリーガの移籍市場、「最終日」に决定した移籍まとめ

写真拡大

8月31日は、いわゆる「デッドライン・デー」。

今年も移籍マーケットの最終日に様々な取り引きが成立した。

今回は、「最終日」に決まったブンデスリーガの目立った移籍をまとめてみよう。

※ブンデスリーガクラブが「獲得」したケースに限定
※ブンデスリーガ2部の移籍も一部記載

ブレーメンは、スタンダール・リエージュからFWイシャク・ベルフォディルを獲得した。1年間のローン移籍。背番号は「29」。

シュトゥットガルトは、ベシクタシュからDFアンドレアス・ベックを獲得した。1年契約。背番号は「32」。

ドルトムントは、マンチェスター・シティからFWジェイドン・サンチョを獲得した。背番号は「7」。

ヴォルフスブルクは、リヴァプールからFWディヴォック・オリギを獲得した。1年間のローン移籍。

アイントラハト・フランクフルトは、フィオレンティーナからFWアンテ・レヴィッチを獲得した。1年間のローン移籍。買い取りオプション付き。

RBライプツィヒは、レヴァークーゼンからMFケヴィン・カンプルを獲得した。4年契約。背番号は「44」。

レヴァークーゼンは、オリンピアコスからDFパナギオティス・レツォスを獲得した。5年契約。背番号は「3」。

グロイター・フュルト(2部)は、シュトゥットガルトからFWユリアン・グリーンを獲得した。1年間のローン移籍。

ボーフム(2部)は、シャルケからMFシドニー・サムを獲得した。2年契約。背番号は「13」。