妬かれる前に”連絡”を!「嫉妬深い外国人カレ」への上手な対処法3選

写真拡大

【相談者:24歳女性】
海外旅行先で知り合った外国人の彼と付き合っています。
初めての外国人の彼で遠距離恋愛中なのですが、彼の嫉妬深さに困っています。
束縛もされます。嫉妬深いところと束縛してくるところ以外は本当にパーフェクトな彼で大好きですが、嫉妬や束縛される度に喧嘩になってしんどいです。

どうすれば上手く付き合えるでしょうか?

●外国人の彼が嫉妬深くなる理由は2つ!

はじめまして。国際結婚アドバイザーのCocoです。
外国人パートナーの嫉妬深さに困っているという話は、実は結構多いです。
感情を何でも表面に出すことをしない日本人に比べると、感情を表に出すことが習慣になっている、いわゆる文化の違いということですね。
もちろん、日本人同様、感情を表に出さない国もありますが。

彼と旅行先で知り合ったということですが、きっかけはどんな感じでしたか?
思い返してみれば、日本で言う「ナンパ」みたいな感じではなかったでしょうか?

知らない人にはあまり声をかけない、世界規模で見ると超消極的グループに分類される日本人男性に比べて、外国には気になった女性にどんどん声をかける国が結構あります。
声をかけなければ失礼になるという国も存在するほど、日本男子の草食化とはかけ離れた肉食男性が多いのが外国です。
そんな社会にいると、いつ自分の彼女が他の男性に言い寄られているか気が気じゃない状態が続きます。

そして当然、彼氏は彼女の行動を把握して、束縛して守るという行動に出ます。
これらが外国人の彼の嫉妬深さ、束縛の原因ではないでしょうか。
では、そんな彼への対応法をお教えしましょう!

●(1)嫉妬しそうな予定は、家族との予定だと伝える!

『遠距離恋愛中は、夜のお出掛けなど彼が心配しそうだったら「家族と出掛ける」と言う』(25歳/大学院生)

学生で現在遠距離恋愛中の彼女も、よく嫉妬され、女友達と飲んでいるだけなのに何度も電話をかけてきたり、「早く家に帰れ」と怒られたり大変なようです。
しかし「家族とご飯へ行く」とか出掛けるというと「楽しんできてね」と言ってくれるそうです。
だから夜遅くなりそうな時は、予め家族との予定であることを彼に伝えるそうです。

最初は小さな嘘に罪悪感を感じたそうですが、別に浮気しているのではないし、喧嘩しなくて済むのであれば良いかな?と思っていると話してくれました。
家族を大切にするという行動は必ず彼も理解してくれるはずですので、この対応は良いですね。
むしろ家族との予定ですら理解してくれないのであれば、結婚しても家族を大切にしてくれない と考えても良いかもしれません。

●(2)こちらからマメに連絡して嫉妬を回避!

『写真を送って彼を安心させる!』(30歳/銀行)

夜飲みに行く日は彼が絶対心配するから、女ばかりで飲んでいるところの写真を撮って送っているそうです。
男性がいたとしても、絶対写さないのが大切だそうですが、送られてきた写真で彼女の顔を見られたら、彼も安心するかもしれませんね。
嫉妬深い男性には、こちらからマメに近況報告することで安心させてあげることが大切です。嫉妬される前に報告をするのがコツ です。

●(3)小さなプレゼントでいつも彼を想っているアピール!

『出掛ける時は、ちょっとした物でも彼にプレゼントを買います。彼の嫉妬が減りました』(41歳/フリーランス)

嫉妬深い彼に、飲みに行く時など彼が嫉妬しそうな時は、例えコンビニででも彼にちょっとしたプレゼントを買うそうです。
例え遠距離恋愛であっても、帰宅後に「今日こんな物を見つけたからあなたに買ったよ。今度渡すね」と電話で伝えたら、いつも自分のことを想ってくれていると彼も安心するのではないでしょうか。

----------

嫉妬深い外国人彼とは、ちょっとしたことで上手く付き合える方法があるはずです。
彼の嫉妬深さから逃げようとしたり、嫉妬深さを治す方法を考えるよりは、質問者様が彼を安心させられる行動を先回りしてすることが嫉妬回避への近道です。

彼と幸せな遠距離恋愛生活が送れますように!

●ライター/Coco(国際結婚アドバイザー)