試合開始前のメッシとスアレス

写真拡大

FIFAワールドカップの最初の決勝戦は1930年にモンテビデオで行なわれている。そして、ウルグアイがアルゼンチンを4-2で破り、ワールドカップの最初の王者となっている。それを記念するためにもウルグアイとアルゼンチンという両国のサッカー連盟は2030年のワールドカップの南米開催に向けて動き始めている。

プロジェクトに関しては明確になっていない部分が多いが、パラグアイも含めた南米3カ国はイングランドと韓国との2030年ワールドカップ開催国レースに名乗りを上げている。

そして、その第一歩として金曜日のウルグアイvsアルゼンチン戦の前に2030とプリントされたユニフォームをルイス・スアレスとメッシが示している。