@AUTOCAR

写真拡大 (全9枚)

もくじ

ーポルシェが選んだタルガという「手法」
ートライアンフ ルーフの構造
ーサリートップ ふたつの効用
ー2台のスペック比較/もうひとつの選択肢

ポルシェが選んだタルガという「手法」

コンバーチブルはボディの補強で重量がかさむ。それを最小限にすべくポルシェが考案し、67年型911に導入したのがタルガトップだ。

74年までのサテン仕上げのステンレス製ロールバーなら、見栄えはさらに美しい。

初年度は樹脂製のリアウインドウをジッパーで開閉できるタイプだったが、翌年にはより文明的なガラス製リアウインドウがオプションで用意され、71年からそれが標準になった。

今回の取材車はジョン・ウィリアムズの73年型2.4Sタルガ。911のなかでも最も希少価値の高い1台だ。初めて右ハンドルで英国に輸入された49台のひとつであり、そのうち現存している6台のひとつでもある。

ポルシェ愛好家の彼も、6桁(10万ポンドの桁)の価格にはなかなか手を出せないでいたという。

「最初にこれを見たのは26年前のことです。当時のわたしの上司の愛車でした。21年かけて彼と交渉し、ようやく手に入れたんです。今は自宅の居間に同居していますよ!」

ポルシェが我々にもたらしたのは、タルガというスタイルと名前だけではない。

テンションを効かせて張ったビニール製トップを取り外すと、小さく畳んでフロントのラゲッジスペースに収納できる。これは特許技術だ。

しかし実はトライアンフがポルシェより5年早く、サリートップで同様のコンセプトを採用していた。

トライアンフ ルーフの構造

61年9月にTR4に導入されたのは、ボルトオンのガラス製リアウインドウに2タイプのルーフを組み合わせるオプション。

ひとつは4本のボルトで固定するスチール製のハードトップだが、取り外したときに収納する場所がない。

もうひとつがビニールレザー製のサリートップで、幌骨を折り畳むと後席スペースに収まるというものだ。このサリートップはTR4A、TR5に受け継がれたが、TR6では選べなくなった。

かつて3台のTR6を所有していたアンディ・マコナンは3年前、それらを売り払った資金をTR5に注ぎ込んだ。

「TRレジスター」というトライアンフのオーナーズクラブのイベントで今年、銀賞を得たクルマである。

「ちょっとズルをして、レストアが完了したクルマを買ったんだ」とマコナン。「クラブの仲間達と、これまでにスパやニュルブルクリンク、ル・マン・クラシックに出掛けたよ」

サリートップにはふたつの効用がある。

サリートップ ふたつの効用

サリートップのひとつ目の効用は、固定式のリアウインドウがボディ剛性を高め、トライアンフには付き物の振動やボディシェイクを軽減してくれることだ。

スチールトップをボルトオンすれば、この効果はもっと大きくなる。

しかし、やはりトップは開けて走りたい。嬉しい発見だったのは、風がほとんど入ってこないこと。これがふたつ目の効用だ。

帽子を深く被らなくても、トライアンフの古き良き伝統を楽しめる。軽いと言われる911よりさらに軽量なTR5は、トルクもより太く、走りはいつでも活発だ。

それに加えてアシストのない正確なステアリング、挙動を予測しやすいハンドリングがあるのだから、TR5が引っ張りだこなのは容易に想像できるだろう。

911は究極的にはTR5より速いが、その能力をフルに引き出すには高回転域を使う必要がある。

ボディの剛性感も高いし、ドライバーとコミュニケートする能力は感嘆もの。ステアリングインフォメーションはあり余りほどで、自信を持ってハードに攻めることができる。

エンジンがフロントにないことも、クルマが実際以上に軽く感じる要因だ。風の巻き込みは911もわずか。

だからこそ、エンジンが生み出すメカニカルな推進力のすべてをダイレクトに感じ取れるし、キャビンに響くエグゾーストノートに心を熱くすることもできるのである。

2台のスペック比較

モデル名ポルシェ911 2.4S タルガトライアンフTR5
生産台数 1894台 2947台 
シャシー スチールモノコック スチールモノコック 
エンジン SOHC水平対向4気筒2341cc OHV6気筒2498cc 
エンジン配置 リア縦置き フロント縦置き 
駆動方式 後輪駆動 後輪駆動 
最高出力 193ps/6500rpm 152ps/5500rpm 
最大トルク 22.0kg-m/5200rpm 22.7kg-m/3500rpm 
トランスミッション 5速マニュアル 4速マニュアル 
乾燥重量 1167kg 1052kg 
0-97km/h加速 6.6秒 8.8秒 
最高速度 230km/h 192km/h 

もうひとつの選択肢

ランボルギーニ・ジャルパ

シルエットの進化型で、スターウォーズ的なスタイリングはややおとなしくなったが、ミッドに積むV8は500cc拡大されて3.5ℓ。

着脱式ルーフパネルは、シルエットの黒いFRP製からボディ共色のスチール製に変更されている。

■生産期間 1982〜88年 
■生産台数 416台 
■最高速度 245m/h 
■0-97km/h加速 7.3秒