9月2日(土)放送の「テクネ・トライ」には柳沢翔監督と高橋圭監督が登場する/(C)NHK

写真拡大

NHK Eテレ「テクネ 映像の教室」は、2012年に放送開始した映像に興味を持つ人々に「映像を自分で作る楽しさ」と伝える番組。

【写真を見る】柳沢翔監督は伊藤万理華(乃木坂46)を撮影した映像を公開!/(C)NHK

今回からは「クリエイティブ・プロセス」「コンテ・テクネ」という新企画を加え、3回にわたって(8月26日、9月2日、9日[土]夜0:25-0:40)放送する。

同番組でディレクターを務める織田聡氏と、プロデューサーの倉森京子氏、そして2015年より番組に参加している小林賢太郎にインタビューを敢行。第2弾では、映像制作へのこだわりや、番組の舞台裏を明かす。

■ 小林賢太郎のぜいたくな使い方

――最初に小林さんにオファーをしたきっかけは何だったんですか?

倉森氏:みんながファンだったからです!

織田氏:それもありますし、「テクネワークス」という、技法ごとに作品をカテゴライズして紹介するコーナーに、“プロジェクション”を使った作品として、小林さんの舞台(2006年の舞台「Paddle」)を紹介させてもらったことがあって。

そこから、舞台で実際にプロジェクターとかを使われている方なので、こちらとしては、ただの“演者”とは違う形で…ということでお願いしたいというのが思惑としてありました。「もし出てくれるんだったら…いいよねぇ?」みたいな。

――今まで小林さんが出演されていた「せつめいテクネ」では全身を使ったパフォーマンスをされていますが、今回は声と手だけだとか?

倉森氏:「せつめいテクネ」は、そもそもこの技法はどんなものなのかというのを、小林賢太郎ギミックで紹介するというコーナーでしたが、それも最初は声と手だけでやる計画でした。

そこから、せっかく小林さんが“テクネファミリー”になってくださったので何か続けたいなという思いがあって今回も「コンテ・テクネ」出演をお願いさせていただきました。

小林:これまでにも、手だけのパフォーマンスはありましたよね。

織田氏:そうですね。もともとのオファーでは、本当に顔は映さずに手と声だけで、小林さんって分かる人には分かるくらいでやるはずだったんですが、だんだん企画とかその時のノリで我慢できなくなって(笑)。だから今回はまた原点に戻った感じです。

小林:今日も本当は顔が映る予定じゃなかったから、超! 万が一のためにメイクボックス持ってきたんです。そしたら急きょ「小道具の目覚まし時計のベルの部分に小林さんの顔が映ってるぞ!」ということになり…やるかということになり。持ってきといて良かったですよね。

倉森氏:そういう細かい配慮がある作品は見る人にも分かりますからね。

■ アイデアだらけの映像の仕事は楽しい!

――「せつめいテクネ」を制作する際にもコンテは作られているんですか?

小林:「こういう絵コンテでどうでしょう」というものを見せてもらって、そこに僕が書き込むか、あるいは僕が別の絵コンテを書いてこういうのはどうでしょうって言ったりだとか。そういうキャッチボールがありますね。

あるいは、字コンテという形で、文章を書くやり方もあります。

映像を勉強したい、知りたいという人のための番組ですので、そういう皆さまにとって分かりやすい技法の伝え方っていうのはどういうものだろうということを一緒に話し合って作っています。

織田氏:僕らは、「映像の技法をこういうふうに使ったら」だとか、「こんな使い方もあるんじゃないか?」というアイデアを出してもらえるのがありがたいなと思ってお願いしています。

小林さんは映像の仕事以外のこともやられている方なので、新しいアイデアが出てくることも多くて、そういうことが毎回すごく楽しかったですね。僕はこの仕事が楽しいです!

――小林さんのアイデアが映像に採用されることも多いとか。

織田氏:そうですね。最初にこちらがある程度想定したものを一度お伝えするんです。それを小林さんがパフォーマンスをされるっていうときに、「こういう要素を重ねるとどうだろう」とか、「こういうオチをつけるのはどうでしょう」など、構成的に気付いたことを教えてくださるので、僕らも一緒にいろいろいじっていくんです。

だから、初め僕らが考えてたこととは出来上がりが結構違います(笑)。

小林:生意気にもご提案をいろいろさせていただいています。技法単体で簡潔に、教科書として説明するだけではなく、もう1つ、面白いと感じる要素を入られたらいいなと思うんです。見ている人たちの中には、映像制作に対して興味がすごくある人もいれば、ただなんとな〜く見ているっていう人もいるわけじゃないですか。

そういう人たちのために、この短い30秒くらいの中にもエンターテインメントが1つきちんと成立していることで、興味を向けてもらえたらいいなと思うんです。

織田氏:もう本当にいろいろやってくださって。

小林:僕は完全にスタッフ扱いです(笑)。道具も随分作ってきましたね。小道具とかは、直接パフォーマンスで扱うものなので、練習して現場に来たいじゃないですか。

なので、美術さんが用意していただいたものに対応しなきゃいけない場合以外は、可能な限りうちのアトリエで作って、事前にやりこんで、現場で練習しなくていいようにしてます。

■ 海外展開も視野に

――番組の映像は海外でも見られるようになっていますが、反響はありますか?

倉森氏:たまーに中国の方から「テクネID」作品の応募が来たりすることがあります。直接的な反響ではないんですけど、そういう形で「外国からきた!」っていう。

織田氏:いっとき海外展開をするかとかいう話もありましたよね?

倉森氏:今もする気まんまんですけど? というかしたいです。それで、この番組って今までナレーションなしで作ってきて、声としては小林さんの声が初めてなので…。

小林:じゃあもし英語版とフランス語版も作るんだったら…?

倉森氏:小林さんがやるしかないですね。

小林:頑張ります!

倉森氏:もはやそれしかないですね。あとは全部テロップなので(笑)。

――「テクネ」の映像はどういうところから発想を得ているんですか?

織田氏:元々は、技法で映像を分類していくと、普通に何げなく見ている映像でも違ったふうに見てもらえるんじゃないかなっていうところから始まっています。

今まででいろんな古今東西の作品を紹介するっていうことはある程度できたので、今回リニューアルをするということになり、今度は「それをどうやって作っているの?」っていうメーキングをもっと見せていくっていう形にシフトしている最中です。

だから、今まで紹介した参考作品の中からメーキングが世に出ているものを探して、それもセットで見せたり、「テクネ・トライ」のコーナーではアーティストたちが作る過程もちゃんとドキュメントにして。

で、小林さんの登場するコーナーも、絵コンテがどうやって実写になったか、もしくはどれくらい実写と差があるのかというのを見て分かるものになっています。

絵や文字がすごい書き込まれているコンテもあれば、人が丸とただの棒っきれみたいにして描かれているものでも実写になったら高いクオリティーになっていたりするので、そういうのを見てもらえるコーナーになればいいなと。

――リニューアル後の見どころはどんなところでしょう?

織田氏:小林さんのコーナー(コンテ・テクネ)も含め、「どうやって映像を作っているのか」っていう裏側が見えてくる番組になっているので、そういうところをぜひ楽しみにしていただきたいなと思います。