交際期間が長くなると、エッチもデートもマンネリ化しがち。でも、誕生日や二人の記念日に「去年よりも、ずっとキレイだよ」「もう魅力的すぎて、メロメロだよ」なんて褒められたら、一気に不安が吹っ飛んでしまいますよね。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、『アラサー女が“二度と忘れられない”エッチな思い出#4』に続いて、20〜30代女性たちが経験した「記念日エッチ」をクローズアップ! 思わずうっとりしちゃう甘〜い夜の思い出をご紹介します。

 

■「おじいちゃんとおばあちゃんになっても、エッチしてくれる?」

「交際3年目の夏。花火大会をきっかけに付き合った私たちは、毎年記念日には浴衣デートをしてゆっくりお泊りをするのが恒例行事になっていた。今年も思いっきり花火を楽しんだあと、ベッドの上で思う存分エッチを満喫して眠りにつこうと思っていたら、カレが“俺がおじいちゃんになっても、エッチしてくれる?”と意味深の質問。これってもしかして……と戸惑っていたら、“俺は○○がおばあちゃんになっても、今と同じようにエッチしていたい。ずっと一緒にいてください”とプロポーズされた。予想外のタイミングだったけど、一生忘れられないユニークな告白でしょ?」(34歳/メーカー)

カップルにとって、誕生日や二人の記念日はプロポーズの可能性がぐっと高まる日。男性たちは「いつ告白しよう」「どんな言葉で想いを伝えよう」とタイミングを見計らっているようですよ。

誰とも被らないロマンチックな愛の言葉もいいですが、今回のようにちょっぴりユニークな告白も素敵! あなたはどんな言葉でプロポーズされたいですか?

 

■「また素敵な記念日が1つ、増えちゃったね」

「まだ恥ずかしい気持ちが強くて、カレの前で思いっきりエッチできなかった頃。初めて迎える私の誕生日に、“今日はいつもと違うところへ行ってみない?”と食事に誘われた。待ち合わせ場所は、有名ホテルのロビー。最上階にあるレストランで食事を済ませたあと、カレの後を付いていくと、夜景のキレイなスイートルームに……!あまりにもロマンチックなムードに酔いしれて開放的になった私は、自分でも信じられないくらい積極的にカレに尽くしていた。そして、思いっきり攻められて、プレイ中に意識を失ってしまった。しばらく経って目が覚めた瞬間、“ごめん、寝ちゃったみたい”と謝ると、“全然気にしないでいいよ。二人にとって最高の記念日が増えたね”とギュッと抱きしめられちゃった。」(29歳/金融)

大好きなカレと経験する“初めての○○”は、二人にとって最高の記念日。夜景の見えるレストランで食事をして、高級ホテルのスイートルームに招待されて、愛のあるエッチができるなんて、最高に幸せなシチュエーションですよね。

さらに、今までにないエッチを体感できるとは……! こんなにロマンチックで思いやりのあるカレは一生大切にしないと、後悔しちゃうかも。

 

■ハロウィンをきっかけに、イベント=「コスプレエッチの日」に…!

「毎年ハロウィンの時期が近づくと、職場のスタッフ全員で“次はどんなテーマで仮装しようか?”と大盛り上がり!自宅から本格的なメイクやコスチュームで出勤するのが当たり前になっていたので、店舗にいたときのド派手な格好で電車に乗り、カレの待つ自宅へ帰った。でも、今年はいつもと様子が違った。“ただいま!”と玄関を開けると、目の前にドラキュラに扮したカレが仁王立ちで待ち構えていたのだ。部屋に入るなり、私を抱き寄せてベッドルームへ。“お前もドラキュラにしてやる”なんて台詞を口にしながら、首回りに熱いキス。コスプレ姿のままプレイをするのは初めてだったから、二人ともいつになく興奮していた。それ以来、イベントが近づくとコスプレエッチを楽しむのが恒例行事に。次は何のコスプレをしようかな……」(28歳/美容師)

どんなに好きな相手でも、いつも同じような環境でエッチをしていると、マンネリ化してくるもの。そんなときは、今回のカップルのように“コスプレ”に挑戦してみてはいかがですか?

役になりきってプレイを楽しめば、カレの意外な一面を目の当たりにできるかもしれませんよ。ハロウィンやクリスマス、バレンタインに、ぜひお試しあれ!

 

女性にとって「記念日」は、特別な日。今回ご紹介した幸せエピソードを参考に、思い切ってカレに「こんな風に過ごせたら、幸せだな」とアプローチすれば、それが“現実”のものになるかもしれませんよ。

【画像】

※ Pressmaster/shutterstock

【取材協力】

※ 20〜30代女性

【関連記事】

※ もっと仲良くなりたい♡男をその気にさせる「お誘いLINE」テク

※ 【友達止まり…?】男が「女として見られない女」に送るLINE

※ 【また会いたい!】男が思わずキュンとする「ワンナイトラブ後」のLINE

※ 【なにこれ…】アラサー女がドン引きした「上司のセクハラ」LINE

※ 【正直…困ります!】男が「即ブロック」したくなるウザLINE

※ 【見知らぬ女から…】サイテー男が送る「ゲスすぎる」LINE