夜景バー エステラード/カウンター席からは正面に函館山の夜景が望める

写真拡大

店名にある“夜景バー”の冠は、ダテではありません。カウンター席に座ると窓の向こうには、函館の夜景がパノラマサイズで広がっています。ところが、様子が違うのは、それが函館山から見たあの有名な夜景とはちょっと違っているからです。左手には津軽海峡、右手には函館湾、そして、正面に見えるのは函館山なのです。要するにいつもとは逆の方角から眺めた景色であり、それがこのバーの誇る“函館の夜景”なのです。

夜景バー エステラード/「フォーポイントバイシェラトン函館」の13階にある

この景色こそが“一番の魅力”、とばかりに2013年7月、夜景評論家の丸々もとお氏の監修の下でリニューアル。夜景をコンセプトの根幹に据えたスタイルのバーへ変身しています。店内にはLED照明やプロジェクションマッピングなどで壁面に星空や函館の夜景を投影し、より夜の雰囲気を盛り上げる演出が施されています。

店の場所はJR函館駅のすぐ隣の「フォーポイントバイシェラトン函館」の13階です。2016年にホテル名が変わりましたが、現在も“夜景バー”のコンセプトを踏襲。その夜景で多くの来店者を魅了し続けています。

ホテルバーという性質上、お酒のラインナップはオーソドックス。ウイスキーはスコッチのシングルモルトやバーボンなど、カクテルはスタンダードを中心にまんべんなく扱っています。昨今の人気も反映し、芋焼酎や麦焼酎なども数点、そろえています。

注目は4種類のオリジナルカクテルです。ホテル名が“フォーポイント”ということで、マークに4つの色彩をあしらい、誕生したのが「オーシャン」、「フォレスト」、「サンライト」、「ブルースカイ」(各1200円)の4つのオリジナルカクテルです。中でも人気は「オーシャン」と「フォレスト」。前者はライチリキュールをベースにブルーキュラソーで鮮やかな青に仕上げたカクテル。後者はキウイピューレを使用し、モヒート仕立てのロングカクテルです。ともに見た目も味わいも清涼感に溢れ、好評を博しています。

イカ漁の時期には、漆黒の海に漁火が浮かび上がります。気象の影響もあるのでしょうか。時にその灯りが一筋になって、天に向かって突き抜けるという不思議な光景が見られるといいます。そんな話をバーテンダーが教えてくれました。

夜景バー エステラード(フォーポイントバイシェラトン函館) ■住所:函館市若松町14-10 フォーポイントバイシェラトン函館13F ■電話:0138・22・0111(代表) ■時間:18:00〜24:00(LO23:30)、7〜9月は〜25:00(LO24:30) ■休み:なし ■席数:50席(禁煙)

【北海道ウォーカー編集部】