日本人は恋人に対して、めったに「愛してる」と口にしないイメージが強いですが、一見古風とも取れるこの日本の風潮に反して、海外では多くの恋人同士が「愛してる」と伝え合います。では、一体どのくらい付き合えばそう言える関係になるのでしょうか。今回は<Good Housekeeping>から、恋人に「愛してる」と言うまでにかける期間についての調査結果を紹介します。

イギリスで実施された、リサーチ会社<YouGov>の最新の調査によると、恋人に「愛してる」と言うまでにかける期間は「平均3カ月」。4,000人を対象に行われたこの調査では、約22%の人が付き合って約3カ月で恋人に「愛してる」と伝える と回答したそうです。

その次に多かったのが、約14%の人が回答した「交際4カ月から半年のタイミング」。一方で、中には3カ月〜6カ月も待つのは長すぎるという人も。13%の人は付き合って約1カ月、3%の人は付き合って1週間後には「愛してる」の一言を相手に伝えたとのこと。

他の回答では、約9カ月から2年という長い交際期間を経て、慎重に「愛してる」と伝えた人、真剣に交際していても「愛してる」を言ったことがない人や、「伝えるまでにかかった期間が分からない」という人もいたそう。

相手に「愛してる」と伝えるまでの期間に、"正しいタイミング"はないのかも。付き合って1週間後でも1年後でも、自分の素直な気持ちに従って「愛してる」と伝えてみてはいかがでしょうか。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:Mai

Good Housekeeping UK