革命への果てしなき道のり──。オーストラリア代表のアンジェ・ポステコグルー監督が挑んでいるのは、W杯予選だけではない。サッカルーズ(豪州代表の愛称)の大改革にも取り組んでいるのだ。


オーストラリア戦に勝利し、ロシアW杯出場を喜ぶ日本代表

 ロングボール主体の戦術からショートパスをつないで崩すスタイルに舵を切り、より多くのサポーターの共感を呼んでいる。ポステコグルー監督は「ゆくゆくはフットボールを国内で一番のスポーツにしたい」という想いを胸に、就任から約4年間を過ごしてきた。コンフェデレーションズ杯で見事な戦いぶりを披露し、その歩みは順調に進んでいるかとも思われたが、8月31日の日本戦では道の険しさをあらためて痛感したことだろう。

「ポゼッションはできたけれど、効果的ではなかったし、攻守の切り替えもうまくいかなかった。日本はすかさずそこを突き、我々にダメージを与えた。それでも、私たちが意図するところは変わらない。このやり方でソリューションを見出していきたい」

 試合後の会見では、憔悴した表情でうつむき加減に言葉を絞り出した。中盤の主力のひとり、アーロン・ムーイが直前の体調不良で出場できない不運もあったが、52歳のオーストラリア人指揮官はそれを言い訳にせず、先制されたシーンについても、責任は特定の選手ではなく「自分にある」と述べた。

 自力での出場権獲得が消滅した彼らのW杯出場は、サウジアラビアvs日本の結果に委ねられることになった。会見場は重い空気に包まれていたが、プレーした選手たちは気持ちを切り替えているようだった。かつて、ジェフユナイテッド千葉でもプレーしていた主将でDFのマーク・ミリガンはこう言う。

「日本が勝者にふさわしかった。僕たちはボールを持ってはいたけれど、相手を脅かしていたとは思わない。勝利につながるようなパフォーマンスではなかった。そこは本当に残念だけど、とにかく今は前を向いて、火曜日のとてつもなく重要な試合にすべてを注ぎたい。(W杯出場を)自分たちの力で決められないのは残念だけど、とにかく全力を尽くしてW杯に行きたい」

 さらに、日本の印象を尋ねると、「すばらしいユニットだったね。組織的な守備は堅牢だったし、スピリットも伝わってきた。誰が特別によかったかは別にして、とにかく素晴らしいチームだ。W杯出場が決まったことを祝福するよ」と潔く負けを認めた上で、エールまで送ってくれた。

 また、右のウイングバックでフル出場したマシュー・レッキーは、この日の日本のアプローチに少し驚いたという。

「日本は常にアジア最強のチームのひとつだし、今日もすごくやりにくい相手だった。ただ、今日の彼らはこれまでとはちょっと違って、普段より守備的に入ってきたと思う。ポゼッションはこちらが上だったけど、彼らには彼らのプランがあり、やるべきことをしっかりやっていた。そして、チャンスを確実に決めた。見事な戦いぶりだと思うよ」

 レッキーは2011年からドイツでプレーする26歳。今シーズンから原口元気(ヘルタ・ベルリン)のチームメイトになるなど、普段からブンデスリーガで対戦する機会が多い日本人選手についてこう話した。

「ブンデスリーガで時々当たるので、何人かの日本人選手とは顔なじみだ。今日はそのなかでも、大迫(勇也)がよかったと思う。うちのディフェンスはすごく手を焼いたよ。前線で確実にボールを収める技術はいつ見てもすばらしいし、前を向いたら、もっと脅威になるよね。

 あと、同じサイドで対峙した長友も手強かった。彼とは普段から対戦しているわけではないけど、相変わらずプレー全体がとてもソリッドだった。なかなか突破させてもらえなかったし、アシストも見事だったね。もっと攻撃参加してくるイメージがあったけど、今日はしっかり守ることを心がけていたように思う」

 一昨年までドルトムントに所属していたムスタファ・アミニは、試合の終盤に投入されて代表2キャップ目を刻んだ。かつて、ユルゲン・クロップ監督に「紛れもないタレント」と評価された24歳は、「更衣室ではしっかりやり直そうと話し合ったよ」と敗戦にもしっかり前を向いている。

「とにかくタイに勝って、W杯に行く。最終戦だからといって、特に重圧が大きいとは思わない。代表戦にはいつだってプレッシャーがある。簡単な試合なんてないさ。今日の日本はとても強かったけど、そこには6万人の大観衆の力もあったと思う。彼らの声援は間違いなく、選手たちを後押ししていたよ」

 元同僚の香川真司とシャツを交換したことを嬉しそうに話してくれたアミニは、「シンジがベンチだなんて、日本の選手層はすごいよね」と続けた。「試合の流れを決定的に変えた浅野(拓磨)も怖い選手だ。そんな若手が名のある選手のポジションを奪っているのは、日本にとってよいことだと思う」

 最後に「ロシアには一緒に行こう。幸運を祈っている」と伝えると、「もちろんさ! ありがとう」と笑顔で返し、握手をして別れた。
 
 彼らのようなポジティブな選手たちがいるかぎり、指揮官の提唱する革命の火は消えないだろう。アジアのレベルを上げていくには、切磋琢磨できるライバルが必要だ。大いなる挑戦を続けるサッカルーズの行く末にも注目していきたい。

■サッカー代表記事一覧>>