【倉井史也のJリーグ】マジにこれでいいのかと1000回ぐらい聞きたい!? の巻

写真拡大

▽久しぶりに波瀾万丈の予選になったけど、何とかぎりぎりワールドカップ出場決定! めでたい! あー、ほっとしたって感じですね。でも、そんなときだから、ちょっと苦めに言っておきたいのがこのひねくれ者のコラムじゃないですか。

 

▽今回の予選で驚いたのはカメラマンの数。朝から並んでいるカメラマンが4年前に比べると少ないんです。これって、もうみんなワールドカップに出て当たり前って思ってるから? だったら今回の予選でもしかしたらダメかもって気づきましたよね。

 

▽いやいや、もしかしたらサッカーの人気が落ちてるから? それが一番怖いんじゃないですかね。競技人口が伸びてたりとか、Jリーグの観客動員数が伸びていたとしても、報道の熱が落ちたりするので、次の世代に響くと思うんですよ。これは日本サッカー界が、今一度、しっかりサッカーへの関心を呼び起こさないとダメだと思うんですけど。

 

▽その二本柱となるべき、日本サッカー協会とJリーグの関係ってどうなの? とちょっと思ってしまうのが、今回のルヴァンカップ準々決勝じゃないですか。

 

▽もともと、日本代表の活動期間に開催が当てられていたけれど、今回はさすがにモロかぶりっぽくないですか? オーストラリア戦の前に第1戦って、これ、カップ戦盛り上げるってことは、そのぶん代表の露出を減らしてませんか? ってか、このカップ戦で代表選手、いないんだって強烈な印象残しちゃいましたよね。

 

▽ワールドカップ出場が決まって、やっと落ち着いて第2戦が見られるけど、もしこれでサウジアラビア戦に出場がかかってたら、もうルヴァンカップに注目が集まらなかったの間違いないと思うし。この時期は、やっぱり日本代表を日本サッカー界全体で盛り上げましょうよって思うんですけど。

 

▽ま、とにかく今週末、日曜日に開催されるルヴァンカップ準々決勝第2戦は落ち着いて見られるってもんです。一番の注目は、初戦を1-3で落とした鹿島が果たして盛り返せるかってコトでしょうか。だいたい、ベンチ外にするんだったら植田直通を招集するなよって。こういうところも、すごいチグハグなんですよね〜。

 

▽あ、そう言えば今は海外組重視で代表を組むから、代表戦があってもホントは戦力に影響ないチームが多かったりして……。 【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。