終盤の82分に豪快なミドルを叩き込んだ井手口。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大 (全2枚)

[W杯アジア最終予選]日本 2-0 豪州/8月31日/埼玉

 前半途中までは比較的静かな展開だった。中盤での潰し合いが目立ち、日本もオーストラリアもなかなかチャンスを作れなかった。両チーム合わせて最初の決定機は、38分のシーン。オーストラリアのレッキーがポスト直撃のシュートを放った場面だった。
 
 要するに、試合自体はスリリングというより、淡々と進んでいった印象だった。ホームの日本がガンガン攻め込んだというわけではなく、むしろ組織だった守備でオーストラリアの攻撃を封じ込んでいた。
 
 そこでとりわけ大きな役割を果たしたのが、中盤の3人。4-1-2-3システムを機能させるうえで肝となる、アンカーの長谷部、インサイドハーフの井手口と山口が巧妙かつアグレッシブな動きでオーストリアにスペースを与えなかった点が、試合の流れを左右する要因のひとつとなった。
 
 もちろん、CF大迫などの前線からのハイプレス、吉田と昌子の両CBの落ち着いた対応、酒井宏と長友の両サイドバックのマンマークと、それぞれの守備意識が戦ったのは事実だが、前線と最終ラインをつなぐ中盤が機能していたからこそチームとしてバランス良く戦えていたように映った。
 
 バランス良くと言っても、攻撃面はやや不十分だった。相手DFの裏へと蹴られたボールを山口が上手く処理できなかったりして、これが仮に香川なら違っていたかもしれないというシーンはあったが、それでも全体的にチームのバランスは整っていた。そうでなければ、もっとピンチがあったはずで、オーストラリアに主導権を握られなかった点で日本のパフォーマンスは及第点以上と言えた。
 
 その点でハリルホジッチ監督の采配はズバリ当たった。井手口、山口をインサイドハーフで組ませ、中盤の底に犂道詭髻箸猟甲部を置く。運動量豊富な井手口と山口が相手にプレッシャーをかけ、それに連動する形で長谷部がセカンドボールを拾う。各々がそれぞれの役割をきっちりこなしたからこそオープンな展開にならず、どちらかと言うと地味な試合になったのだ。
 問題は、前半から飛ばし気味だった井手口と山口の足が止まらないかということだった。このふたりの運動量が減れば必然的に空いたスペースを突かれ、オーストラリアに攻め込まれる、そんな展開も予想できた。
 
 しかし、ふたりの足は止まらなかった。とりわけ素晴らしかったのが、井手口だ。終盤になっても相手に詰め寄るスピードはほとんど落ちることなく、83分には体力的に苦しい時間帯のはずなのに力強いドリブル突破から豪快なミドルシュートまで決めている。まさに圧巻の働きぶりで、間違いなくこの日のマン・オブ・ザ・マッチだ。
 
 “モンスター”井手口の恐るべきポテンシャルを見せつけられた、そんなオーストラリア戦でもあった。
 
 だからといって、井手口がここからA代表のレギュラーに定着するかと言えばそうではないだろう。ハリルホジッチ監督はこれまで“対戦相手の特徴”を把握したうえで戦術を練ってきた印象だ。事実、特定の個に頼らず、ある時は浦和の柏木の左足、ある時はG大阪の今野の経験という武器をチームに加えて、結果を残してきた。
 
 井手口がオーストラリア戦で本領を発揮できた背景には、おそらくハリルホジッチ監督の確かな戦略があった。オーストラリアのフィジカルに対抗する手段のひとつが、山口、井手口の圧倒的なスタミナであり、それがハマったからこそ日本は中盤を制圧できたのだ。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)