昼は日本茶カフェ、夜は日本酒バルでおもてなし。 オシャレな雰囲気で日本の文化を楽しむ

写真拡大

江東区の訪日外国人向け宿泊施設「FromScratch TOKYO」の1階に、日本茶カフェの「CHAKAS CAFE」と日本酒バル「&LOUNGE」が9月1日(金)、同時オープンする。

【写真を見る】“五ツ星お米マイスター”監修のおにぎりがズラッと並ぶ

■ 昼は日本茶カフェ、夜は日本酒バル

この2つの店は、「FromScratch TOKYO」の1階スペースを共有する新業態。9時から17時は日本茶カフェ「CHAKAS CAFE」が、18時から23時(日曜のみ17時から22時)までは日本酒バル「&LOUNGE」が営業する。昼と夜で一味違う日本の文化を楽しめるのが魅力だ。

■ カジュアルに八女茶を楽しめる日本茶カフェ

「CHAKAS CAFE」は、一杯ずつ急須で淹れた福岡のブランド茶・八女茶と、手作りおにぎりが味わえる和カフェだ。日本茶鑑定士と五ツ星お米マイスターのコンビが監修したお茶とおにぎりを、手軽に毎日楽しむことができる。渋谷店に続く2店舗目となる新店舗では、おにぎりとおかずを合わせたおにぎりランチプレートや、濃厚な八女抹茶を使ったスイーツも提供。日本茶とおにぎりはテイクアウトも可能だ。

■ 日本酒が初めての人にもおすすめな日本酒バル

「&LOUNGE」は、選び抜かれた20種類以上の日本酒のほか、日本酒カクテル、地元産ワインなども取り揃えたバル。日本酒が初めての人や飲み慣れていない人にも、利き酒師が好みの一杯を見つける手伝いをしてくれる。

アーティストを招いての作品展示や、ライブイベントなども開催予定。日本の文化を発信する新たな拠点の誕生だ。【ウォーカープラス編集部/坂尾 康成】