現代自動車(左)と起亜自動車の社屋(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車が1日に発表した8月の世界販売台数は33万6625台で、前年同月比6.0%減少した。

 韓国での販売台数(5万4560台)は前年同月(4万2112台)から29.6%増加したが、昨年8月にストによる生産の遅れがあった点を踏まえると、増加率に大きな意味を持たせるのは難しい。

 大型セダン「グレンジャー」はハイブリッドモデル1595台を含め8024台が売れ、高級車ブランドの「ジェネシス」は4285台を販売した。

 先月の現代自動車の海外販売台数は28万2065台で、前年同月(31万6140台)より10.8%減少した。今年1〜8月の累計海外販売台数(240万9325台)も、前年同期(265万909台)と比べ9.1%少ない。

 現代の関係者は「今後も先進国市場と新興市場のどちらも販売好調を見込めず、危機的な状況だ」とし、「さまざまな新車とスポーツタイプ多目的車(SUV)の供給拡大などによって製品競争力を強化し、地域ごとの自動車の需要変化に柔軟に対応する」と述べた。

 現代子会社の起亜自動車は、8月の販売台数(22万2740台)が前年同月(22万529台)より微増した。減少傾向からは脱したが、回復というには程遠い水準だ。

 韓国市場では小型車「モーニング」を除いた乗用車全モデルが販売台数を減らした。準大型セダン「K7」は2917台、中型セダン「K5」は2631台が売れた。

 SUVモデルでは7月に発売された「ストニック」が月間販売目標(1500台)を上回る1655台を記録した。7月末に発売されたSUVの新型「ソレント」は起亜の中で最も多い7768台を売り上げた。