WBCスーパーバンダム級チャンピオン・久保隼(左)と挑戦者・ダニエル・ローマンがポーズを決める

写真拡大

 WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(3日・島津アリーナ京都)の調印式が1日、京都市内で行われた。

 初防衛戦になる王者の久保隼(27=真正)が挑戦者のダニエル・ローマン(27=米国)を「ボクシングにかけていると伝わる選手」と持ち上げると、ローマンも「久保はナイスガイ」と応じ、なごやかムード。お互いに向きあった構図での写真撮影を求められると、最初は厳しい表情を試みた2人だが、こらえきれずに笑みがこぼれていた。

 元世界3階級制覇王者の長谷川穂積氏ら、数々の世界戦を間近で見てきた山下会長は、「防衛を重ねることで成長する。長谷川(穂積)もそうだった。勝つことに徹することで伸びる。勝って次のステージに上がりたい」と、KO防衛にこだわらない考えを強調した。