スイスの道路を走る車(2014年1月31日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】飲酒運転で免許を取り消されていたスイス人の男(61)が、警察の呼び出しに応じて警察署に出頭したが、酔った状態で車を運転してきていたことが明らかになった。

 男はスイス中部ルツェルン(Lucerne)で8月27日、車を運転していて警察に止められたが、その際、酔った状態で、それ以前に飲酒運転で免許を取り消されていたことが判明した。

 この件をめぐり男は8月31日に警察の呼び出しに応じて警察署に出頭したが、全く懲りていなかったようで、警察の声明によると、警察署に車を運転してきた男の血液からは高い数値のアルコールが検出されたという。警察は男の車を押収した。
【翻訳編集】AFPBB News