MF乾貴士、日本代表のレベルアップの必要性訴える「世界のレベルはアジアとは桁違い」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は1日、埼玉県内でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを実施した。

▽埼玉スタジアム2002で行われたオーストラリア代表戦の翌日、メンバー外になった選手を含めた27名全員が登場。オーストラリア戦で先発した11名とサブ組の16名に分かれてトレーニングを行なった。

▽オーストラリア戦で先発したFW乾貴士(エイバル/スペイン)は練習後、取材に応対。攻守に奮闘しチームの勝利に貢献した乾貴士が、W杯本大会を見据えレベルアップの必要性を語った。

◆FW乾貴士(エイバル/スペイン)

――スペインで得たものを出せたか

「スペインで得たもの?サッカーが違うので、その辺りはいまいち(語れない)。役割も違うので。それがどこかと言われるとちょっと分かりませんが。今ある自分の全てのものを、昨日は出したと思います。攻撃で不満が残ったところは自分の実力なので、それに関してはレベルアップしていかなくてはいけません。もちろん、チームとしてレベルアップしていきたいと思います」

――自分らしいプレーができたか

「自分らしいプレーはあまり出せませんでした。もう少し攻撃面で活躍がしたかったですけど、守備の部分ではある程度(長友)佑都君を助けたり自分も助けてもらったり、チームが助け合ってできたことは嬉しかったです。本当にその一戦に関われて良かったです」

――交代で退く際に受けた大きな拍手に思うところはあるか

「やっぱりあの声援でみんな後押しされたと思いますし、本当に心強かったです。最後に拍手を受けたことも嬉しかったです」

――ロシア・ワールドカップに向けて今のチームに足りないものは

「自分がW杯に出たこともないので、世界のレベルというものは中々分かりません。でも、アジアのレベルとは桁違いのところにあると思うので、まだまだ全てがこのままではいけません。全てをレベルアップさせないとW杯では勝てないと思います。もちろん個々の部分であったり、チーム力であったり色んな部分で。全ての選手がそういった所を意識しながら(クラブ)チームでもやっていかないといけないかなと」

――自由競争が始まっているという感覚はあるか

「競争は常にあると思います。(クラブ)チームで頑張っていれば見てくれているので、そこで結果を出せればまた呼んでもらえるかなと思います」