リトルなでしこ、ライバル北朝鮮への雪辱なるか?! 4回目のアジア制覇に挑戦!

写真拡大 (全2枚)

男子サッカー日本代表が6大会連続、6度目のワールドカップ出場を決め、サッカーに注目が集まるなか、2017年9月9日(土)から23日(土)にかけてタイ・バンコクで『AFC U-16女子選手権2017』が開催される。

同選手権はアジアの最強国を決める大会。その翌年に行われるFIFA U-17女子W杯の予選を兼ねており、本大会の上位3チームに出場権が与えられる。

◆最大のライバル北朝鮮とも激突!

日本は2005年、2011年、2013年とアジア最多の3回の優勝を誇っており、この世代の実力はまさに世界最高クラスといっても過言ではない。

今回4度目のアジア制覇を狙う“リトルなでしこ”のライバルは北朝鮮。

2011年、2013年、2015年と3大会連続で北朝鮮との決勝戦となり、残念ながら2015年は準優勝。翌年2016年のU-17ワールドカップでも、リトルなでしこは北朝鮮に敗れ、準優勝に泣いた因縁の相手だ。

 

◆日本代表戦全試合及び決勝戦の放送決定!

そして、今大会日本はグループBに属し、北朝鮮のほかオーストラリア、バングラディシュと対戦する。

テレ朝CSチャンネル2では、9月11日(月)にオーストラリア戦、9月14日(木)にバングラディシュ戦、9月17日(日)に北朝鮮戦、9月23日(土)に行われる決勝戦の模様を放送することが決定した。

 

◆「北朝鮮戦に関しては、リベンジという気持ちがあります」

今大会でリトルなでしこを率いる楠木直木監督は「特に北朝鮮戦に関しては、リベンジという気持ちがあります。この世代はU-14のときに一度対戦して、0-3で負けています。スピード、パワーで『リトルなでしこ』らしいサッカーができないと次はないと思っています」と北朝鮮に対しては絶対に負けられないと意気込んでいる。

そんな楠木監督が「近い将来、なでしこジャパンで言えば、間違いなく阪口夢穂選手を継ぐ存在になる」と期待を寄せる逸材、背番号17番の木下桃香。彼女がどんなプレーをみせるのか、注目だ。