浅野は先制点だけでなく、精力的なプレスも光った。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全3枚)

[ロシアW杯アジア最終予選]日本2-0オーストラリア/8月31日/埼玉スタジアム
 
 ナイスゲーム! 難敵のオーストラリア相手に、日本が目指すサッカーを表現できた素晴らしい勝利だった。高い位置からのプレスと切り替えの早さ、守備の意識と速攻のスピード。この辺りが徹底されていたし、ハリルホジッチ監督の采配も光ったね。思い切ったスタメンを起用し、リアクションで相手の良い部分を抑えるゲームプランがハマっていた。
 
 オーストラリア戦は全体的にチームのためにという意識が高く、すべての選手が良いパフォーマンスを披露したと思う。
 
 怪我から復帰した長谷部は精神的な支柱としての役割を果たしていたし、若手が点を取ったのも素晴らしい。加えて、乾と浅野の両サイドがひたすらプレッシャーをかけ、中盤でもインターセプトを狙っている選手がたくさんいた。それによってディフェンスラインの選手が楽になり、ボールを奪うポイントも絞れていた。
 
 乾にしても浅野にしてもそうだけど、コンディションもメンタルも安定している選手が良いプレーをしたよね。体力的にきつい選手がひとりもいなかったのも好印象。誰かに頼るのではなく、みんなが同じことをやろうとしているのが良かった。
 
 オーストラリア選手のコメントを聞くと「日本のプレッシャーが強かった」という声が多かった。そこがポイント。相手が嫌がるプレーを徹底したことで、日本が勝利を引き寄せた。横綱相撲ではないけど、ディフェンスから入ったのがオーストラリア戦の勝因だろう。
 
 現代サッカーでは、コンディションの充実が何より大事。ハードワークを完遂させるために、運動量豊富で状態の良い選手を選んだのは英断だ。ワールドカップの本大会でも、こうした戦い方がベースになるのかなと感じたよ。
 
 この試合を最低ラインとして、個々の攻撃面での精度を上げていけば、また違った形が見えてくる。そこを本大会までにどうやって上積みするかがポイントだね。
 
 ただ、あのサッカーは、今日のような涼しい時だから最後まで機能したけど、気温が高い場所で同じことができるかと言えば疑問は残る。
 それに、若手が活躍したといっても、浅野は22歳で井手口は21歳。世界で考えると決して若くない。このくらいの年齢で通用している選手はたくさんいる。日本もやっと同じ段階に入っただけで、ワールドカップ本大会では彼らのような選手がもっと増えないと厳しいだろう。
 
 今回は本田をはじめとする経験豊富な選手がベンチに控えていたことで、若い選手たちが思い切ってプレーできた側面もあると思う。そういう意味では、精神的なバックアップ体制がチームとしてできつつあるから、今後もどんどん若手を起用してほしい。
 
 大一番のオーストラリア戦で、初招集の杉本のような選手を使うのは難しいけど、大きな可能性を秘めた選手はいっぱいいる。オーストラリア戦で浅野や井手口といった大胆な抜擢があったのは、これからレギュラーを狙う選手にも気持ちの面でプラスアルファになったはずだよ。
 
 浅野自身も「自分たちが主力になっていかなきゃいけない」と話していた。それだけの自信が、今回の予選で付いたのだろう。彼のように自覚を持った選手が、どんどん出てくると嬉しいね。
 
 9月5日のサウジアラビア戦は、オーストラリア戦で調子の良かった選手を継続して使ってほしいな。暑さのなかであのサッカーがどれだけできるか。もし、できなかったとしても、どんな対応をするか見てみたい。
 
 中東の過酷な環境下では、ゆっくりとしたビルドアップをしなければいけない時もある。オーストラリアは今年6月のコンフェデで自信をつけて、日本戦でもよいポゼッションをする場面があった。それと同じように、日本も厳しい環境のなかでリズムの変化をつけられるようにしておきたい。ロシア・ワールドカップの会場が涼しければオーストラリア戦のような戦い方ができるけど、念のためにどんな状況にも対応できるような用意はしておきたいからね。
 
 一方で、長友や長谷部らベテランを休ませて、そこに新しい素材を入れていくのも大きなポイントになるかもしれない。いずれにしても、サウジアラビア戦の見どころは多いよ。
 今の日本代表に注文を付けるなら、カウンターから少ない人数でシュートに持ち込むシーンがあまりなかいことかな。オーストラリア戦でも、サイドからの攻撃でないと上手くいかなかったよね。攻撃のバリエーションや臨機応変さは、日本がブラッシュアップしていくべき要素だろう。
 
 10月にも親善試合がある。すでに1チームはハイチに決まっているけど、もう1チームは本大会を見据えた強豪国を呼びたいね。個人能力で強引に攻めてくるアフリカ系の国と対戦した時に、どう修正するのか。また、ヨーロッパの強豪との対戦経験も積んでおくべきだ。どんな相手が来るのか楽しみだよ。

【PHOTO】日本×オーストラリアの美女サポーターたち♥