南米コロンビアの元左翼ゲリラ組織「コロンビア革命軍」が設立した新政党「人民革命代替勢力」のロゴ(2017年8月31日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】南米コロンビアの元左翼ゲリラ組織、コロンビア革命軍(Revolutionary Armed Forces of Colombia、FARC)が1日、武装解除の完了を受けて左翼政党に移行し、組織名を「人民革命代替勢力(Common Alternative Revolutionary Force、FARC)」に改称した。

 同政党を率いるロドリゴ・ロンドニョ(Rodrigo Londono)氏はツイッター(Twitter)に「われらの会議による多数決で、新党の名前は『人民革命代替勢力』に決まった」と投稿した。

 だが新たな政党名は以前と変わらない略称を持ち、昨年平和協定が結ばれるまでの52年間、国と戦い続けてきた共産ゲリラとしての革命的なメンタリティーの名残をとどめており、物議を醸すものとなった。
【翻訳編集】AFPBB News