2017年8月31日、小林麻央さんのブログ『KOKORO.』が、スタンフォード大学の東アジア図書館のウェブアーカイブコレクションに保存されることが分かりました。

進行性のがんと闘った小林麻央さんは、2017年6月23日に、34歳という若さで亡くなっています。

彼女のブログは、多くの人の共感を呼び、日本だけでなく世界中の人を勇気付けてきました。彼女が亡くなったいまでも、記事へのコメントが絶えません。

スタンフォード大学は、小林麻央さんのブログを選出した理由として、以下のように述べています。

小林麻央さんは、がんとの闘病生活をブログに綴ることで、社会に対して全く新しいコミュニケーションを展開し、闘病中の彼女自身を定義する新しい方法を築きました。

彼女のブログをアーカイブすることは、彼女の勇敢さが時を経て前進し、そのパワーは未来の読者にも共鳴を与え、心を動かすことでしょう。

当大学でも是非後世の研究者、一般社会のために貴重な記録として保存したい。

株式会社サイバーエージェント ーより引用

小林麻央さんの言葉は国を超えるだけでなく、時も超えて、人々の心に語りかけ続けます。

彼女の闘病生活を支えた、夫の市川海老蔵さんは、次のようにコメントしました。

麻央のご家族とも相談し、大変ありがたいことなので、ぜひお受けしようと。

麻央のこころをより多くの人に伝えることができる。

こころから感謝です。

ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ ーより引用

小林麻央さんのブログが保存されることに対して、多くのコメントが寄せられています。

麻央さんの言葉は、ずっと私たちをはげまし続けてくれる。「がんと闘う人たちの力になる」という心が、未来に残ってよかった!麻央さんの子どもたちも、誇りに思えますように!麻央さんは、記憶にも、記録にも残る、素晴らしい女性です。

小林麻央さんの遺したブログは、これからも多くの人々の心に寄り添い続けるでしょう。

[文・構成/grape編集部]