W杯出場の歓喜から一夜、生き残りの戦いへ FW岡崎慎司「次はW杯で結果を出せるかどうか」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は1日、埼玉県内でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを実施した。

▽埼玉スタジアム2002で行われたオーストラリア代表戦の翌日、メンバー外の選手を含む27名全員が登場。オーストラリア戦先発の11名とサブ組の16名に分かれてトレーニングを行なった。

▽FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)は練習終了後、取材に応対。「W杯に行けるかどうかというプレッシャーがなくなって、次はW杯で結果を出せるかどうか」と語り、メンバー生き残りを懸けた戦いにシフトした。

◆FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)

──次のステージに向かう

「W杯に行けるかどうかというプレッシャーがなくなって、次はW杯で結果を出せるかどうか。選ばれるかどうかよりも、そこで結果を出せるかどうか。そのために、自分が何をすべきかを明確にしていかないといけない」

──すでに明確化できているか

「できている。やっぱり点を取るという部分は、このチームに必要。高いレベルで得点が取れる取る可能性のある選手が必要だと思う。それは、まだみんなが持っているわけじゃない。自分もプレミアリーグでやっているわけで、得点を取ればFWとしてとるほど自信がついてくる。この1年間で、いかにして点を取るかという部分を突き詰めていくしかない」

──点を取るという部分の変化

「前は出る出ないでストレスを溜めたりしていたけど、出たら自分の感性を信じて自分のやりたいように動いていくようにしている。もちろん、チームとしてやっていかないといけないけど、自分の中でゴールを取れるポイントを解放して、そこにチャレンジしたり、そこのクオリティを上げようとしている」

──自然体でのプレーで自身に変化

「開き直ったというのがある。今の立ち位置はなかなか変わらない。逆に、やることをやっていれば、試合に出られる可能性がある。60分だろうが、45分だろうが、出ている時間でゴールを決める。先行逃げ切りじゃないけど、決めちゃえば、評価は高まるもの。レスターやプレミアリーグでやっていく中で、自分がやるべきことは出ることと、チームが勝つためにやり切ること。それは今の代表にも必要なことだと思う」

──監督のプライベートに関する話は

「デリケートな部分は、自分たちも色々と言えないこともあるけど、その中で結果を手にできたことは監督にとっても、チームにとっても良かったと思う」