W杯に向けた今後の課題を見据えるFW久保裕也「最後のところで決め切れるかどうかが大事。クラブでの好調が代表にも影響すると思う」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は1日、埼玉県内でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを実施した。

▽埼玉スタジアム2002で行われたオーストラリア代表戦の翌日、メンバー外になった選手を含めた27名全員が登場。オーストラリア戦で先発した11名とサブ組の16名に別れてトレーニングを行なった。

▽オーストラリア戦は試合終了間際の出場にとどまったものの、最終予選ではここまで2ゴールの活躍で、日本代表のワールドカップ出場に大きく貢献した久保裕也(ヘント/ベルギー)は、練習後取材に応対。今後に向けて、チームと自身の課題を語った。

◆FW久保裕也(ヘント/ベルギー)

──W杯予選を振り返ってみて、浅野(拓磨)選手のプレーを見て刺激になった面は?

「課題としては縦ばかりではなく、自分で受けて組み立てもできたら良かったですし、もっとゴール前に入って得点に絡みたいと思いました」

「長友さんが(ボールを)持った時に、中に入ればチャンスはできるなと思いました。(浅野選手は)同じ右サイドでプレーする可能性が高いですが、良い動き出しだったと思います」

──世界を知っている久保選手から見て、ワールドカップに向けて、レギュラー争いに向けて何が大事になるか

「やはり最後のところで決め切れるかどうかだと思います。 (自分の)チームで好調を維持できれば代表にもそれが影響すると思うので、チームでのプレーが大事です」