鮮やかなミドルをねじ込んだ井手口を長友が祝福。指揮官が若手の力を信じ切った結果と、橋本は称える。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全4枚)

 ワールドカップ出場おめでとうございます! みなさんの応援の力が、ホームで出場を決めるという最高の結果につながったのだと思います。
 
 ということで今回は、ワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦について書こうと思います。
 
 これまでワールドカップ予選で勝ったことがない相手で、この一戦を落とすと本大会出場が危ぶまれるという緊張感のある試合。戦前はどちらかというと、不安視されていたような気がします。そんななか、日本はどのようにして勝ちにつなげられたのか。そのあたりを僕なりに分析していこうと思います。
 
 試合のポイントとなったのは3つ。
 
 ひとつ目は、スカウティング力。ヴァイッド・ハリルホリッジ監督、コーチ、スタッフ陣は本当によくオーストラリアを分析していたと思います。試合前、ハリルホジッチ監督は「オーストラリアを分析しすぎて自分のチームを見ているようだ」と話されてましたが、相手選手の特徴、プレーの選択など、まさに分析通りの展開だったのではないでしょうか。なにをおいても試合前の情報戦で、優位に立っていたのだと思います。
 
 相手が嫌がるプレーがなんなのか。そこを深く考え、相手の長所を消すことを第一としながら、試合に臨んだのだと思います。オーストラリアはきっとポゼッションを高めてくる。そこを見越して戦術とメンバー構成を練っていったように感じました。
 
 例えば、相手のボランチ、上がり目の選手に対してのチェックの速さが際立っていました。正直、オーストラリアのセントラルMF、マッシモ・ルオンゴ選手のクオリティーはさほど高いようには見えませんでした。彼が質の高いプレーしていたら日本はかなりの苦戦を強いられたのでしょうが、ハリルホジッチ監督はどんなレベルかをちゃんと見極めていたように思います。そこで、彼にある程度自由を与えたように感じました。彼にボールが集まるように意図的に仕向けてたのだと。
 
 そのため、本来はチームの核ではないのに、ルオンゴ選手が核のような役割を担ってしまった。で、結果的に核としての活躍は果たせなかった。僕はそういう風に捉えました。もしこのポジションの選手のクオリティーが高かったら、オーストラリアはより危険なチームになっていたと思います。最終的にはルオンゴ選手の周辺でのボール奪取から、井手口陽介選手の2点目が生まれています。
 
 
 ふたつ目は、「ポゼッションを捨てた」という点です。
 
 3つ目のポイントにも挙げってくるのですが、これまでの日本は押し込んだ展開からなかなか点を取れず、カウンターアタックを受ける場面が多かったように思います。そのため、勝ちに徹すること、オーストラリアが嫌がることを考えた結果、自分たちがボールを保持して試合を進めるアプローチを捨てたのでしょう。
 
 そういう点では、ポゼッションを捨てたことで、ミスも散見されました。ボールを保持した際のポジショニングがいままでとは違う。それゆえ、ディフェンスラインの選手がボールを持った際に困ってしまうシーンが多く、長谷部誠選手にボールを渡しても出しどころが少なくなって、ボールを下げていました。パスミスが増えて、長谷部選手のところで時間がかかり、ボールを奪われる場面もありました。前半は特にその傾向が強かったですね。
 
 2点目を取ったあたりから、割り切って裏にボールを蹴る機会が一気に増えました。そのため、前線の選手の動き出しも速くなりました。つまり前半は割り切っているようで、後半最後の時間帯ほど割り切れてなかったぶん、中盤エリアでのミスが増えてしまったのだと思います。