上海で開催が決定した『ヴィクトリアズ・シークレット』ファッションショーまで3カ月を切り、さらに磨きをかけているヴィクシーモデルたち。2年連続出演のジジ&ベラ・ハディッド姉妹や、エンジェルを卒業したカーリー・クロスの復帰など、世界中のファンやメディアなどから注目が高まる中、昨年2度目の出演を果たしたケンダル・ジェンナーは、なんと今回参加しないことが明らかに…。

La Perla at the Met

A post shared by Kendall (@kendalljenner) on

今最も注目すべきスーパーモデルとも言えるケンダル・ジェンナー。21歳という若さにして、昨年の年収は17億円以上(1700万ドル)とリアリティスター部門で3位にランクイン。<コスモポリタン アメリカ版>によれば、そんな彼女は、3度目のステージとなるはずだった今年の「ヴィクシーショー」オーディションにも参加せず、はじめから断念していたのだとか。

自分の意思で出演キャンセルの決意をしたというケンダル、実はイタリアの高級ランジェリーブランド「La Perla (ラ・ペルラ)」の新広告塔として契約を交わしていたのだそう。その契約金は、なんと数億円(数百万ドル)までのぼるという。 

write to me 🌹 @laperlalingerie #LaPerla_Ambassador

A post shared by Kendall (@kendalljenner) on

「ラ・ペルラ」と非競争契約(競合となるランジェリーブランドへの出演をしない)を結んだケンダルは、同社の競争会社である「ヴィクトリアズ・シークレット」のランウェイを飾るという選択肢はなかったのだそう。

🍒🍒🍒 @laperlalingerie

A post shared by Kendall (@kendalljenner) on

今年、あのステージで見られないのは残念だけれど…更なる挑戦に向けて輝き続ける若きスーパーモデルのこれからの活躍が楽しみですね!