あと数時間で答えが出る

写真拡大

FCバルセロナはリバプールに対しコウチーニョ獲得のための最終オファーを送っている。しかし、リバプールのオーナーはアメリカにいるため、そのオファーに対する返答をバルサはまだ受け取っておらず、まだ待つ必要がある。

なお、オファーの金額は1億5,000万ユーロ(約197億円)には届いていないが、十分な金額となることを願っている。そして、クラブを説得するために選手もあの手この手を尽くしている。

もし、このオペレーションがうまくいけば、バルサはコウチーニョ獲得を移籍マーケット最終日に実現することになる。1日金曜日、バルサはコウチーニョを獲得するために様々な手を尽くしているが、高騰する移籍マーケットでとてつもない金額をバルサが払うことはないだろう。