消化試合のイランと引き分けた韓国代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 韓国代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場権を逃すかもしれない。アジア最終予選グループAは熾烈な戦いが続いている。

 グループBの日本が6大会連続のW杯出場を決めた8月31日、グループAでは韓国が厳しい戦いを強いられていた。

 すでにイランの首位通過が決定済みだった同組は、第8節を終えた時点で全チームにW杯出場の可能性がある近年稀に見る接戦となっている。2位韓国は、首位イランから最後までゴールを奪えず、勝ち点1の獲得にとどまった。勝ち点1差で3位だったウズベキスタンが中国に敗れたため、2位を維持している。だが、4位だったシリアがカタールに勝利したことで3位に浮上し、韓国は最終節で4位に転落する可能性も出てきた。

 韓国は最終節でウズベキスタンと対戦する。韓国が本大会に出場する条件を整理してみよう。

【勝利】
2位確定。W杯出場決定

【引き分け】
シリアがイランに勝つと3位転落でプレーオフへ
シリア引き分け以下なら2位。W杯出場決定

【敗戦】
ウズベキスタンに抜かれて3位以下確定。W杯出場決まらず
シリアがイランに勝つと4位転落でW杯出場権逃す
シリア引き分け以下なら3位でプレーオフへ

 アジア最終予選グループB、第9節消化時点の順位は以下のとおり。勝ち点が並んだ場合、得失点差で順位を決定する。

1位. イラン(21pt/+8)
2位. 韓国(14pt/+1)
3位. シリア(12pt/+1)
4位. ウズベキスタン(12pt/-1)
5位. 中国(9pt/-3)
6位. カタール(7pt/-6)

text by 編集部