ジュネーブ国連事務局および国際機構駐在朝鮮常任代表は29日、ジュネーブ軍縮会議第3期総会で、朝鮮半島情勢を緊張させているのは、「わが共和国に対する極端な核威嚇・恐喝をこととしている米国である」と非難した。朝鮮中央通信が先月31日、伝えた。

ジュネーブ軍縮会議は、スイスのジュネーヴに置かれている常設の会議機関。軍縮協定について審議する唯一の多国間交渉を行う機関である。

常任代表は、毎年行われている米韓合同軍事演習が「侵略的で挑発的な性格を帯びており、それは朝鮮半島に核戦争勃発の危機をもたらし、地域と世界の平和と安全を危うくしている」と指摘した。

また、「われわれがそれに強力な対応措置を取るのは当然な自衛権行使となり、それから招かれる破局的結果に対する責任はわれわれとの軍事的対決を選択した米国が全的に負うことになるであろう」と主張した。

そのうえで、「われわれは米国の反共和国敵視政策と核威嚇が続く限り、自衛的核抑止力を協商のテーブルに上げないし、われわれが選択した国家核戦力強化の道からたった一寸も退かない」と強調した。