G大阪MF井手口陽介、出色の輝きも「実感ない」、W杯は「まだ夢」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は1日、埼玉県内でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを実施した。

▽埼玉スタジアム2002で行われたオーストラリア代表戦の翌日、メンバー外の選手を含む27名全員が登場。オーストラリア戦先発の11名とサブ組の16名に分かれてトレーニングを行なった。

▽MF井手口陽介(ガンバ大阪)は練習終了後、取材に応対。本大会行きを決めたゴールを「実感ない」と率直に振り返り、代表生き残りを懸けた“もう1つの戦いへ”更なる成長を誓った。

◆MF井手口陽介(ガンバ大阪)

──改めて実感は

「僕自身、そういう実感はないですけど、LINEとかを見ると、めでたいことなんだなとは思います」

──改めて監督からかけられた言葉

「あまりないですね」

──練習前、監督が長々とスピーチしていたが

「昨日のこともそうですけど、まだ終わってないので、次に向けてしっかりと切り替えていこうという感じでした」

──今日からまた新たな競争が始まる

「そうですね。まだ1試合残っていますし、監督自身もまだ誰を使うかわからないと言っていた。また明日から始まる練習でしっかりとアピールして、出られるように準備していきたいです」

──改めて気づいた課題は

「もっともっとコミュニケーションを取ってやっていければ、守備はうまくハマると思う。攻撃の部分でも、守から攻への切り替えがまだ遅い。僕自身も繋ぎの部分とか、そういったところで簡単なミスをしないよう修正していかないといけないと思いました」

──自身にとって、ロシアはどういう場所

「出場権は獲りましたけど、僕自身はまだ夢のような場所なので、あまり実感がない。近づいてみないとまだわからないです」