文・絵/牧野良幸

前回、防音室のメンテナンスについて書いたが、その時一緒に壁コンセントを交換する工事もしてもらった。壁コンセントはあらかじめオーディオ小僧が用意していたものである。取り替えは自分ではできないから、ついでにお願いしたのだ。

それにしても壁コンセントまでこだわるとは……。我ながらディープなオーディオファイル(オーディオマニア)になったものだと思う。

というのも、これまでオーディオ小僧はアクセサリー類については近づかないようにしていたのである。ケーブルなどにこだわり出すと神経衰弱の世界に陥ると思っていたのだ。まして電源関係のアクセサリーについてはチンプンカンプン。

そんなある日、オーディオ評論の仕事をしている方から「壁コンセントを替えるだけでも音がかわりますよ」という話を聞いたのだった。オーディオ雑誌の記事ではなく、フランクな会話のなかで聞いたせいか、すんなりと興味が持てた。

教えてもらったのがオヤイデのR0(アールゼロ)という壁コンセントである。一緒にフルテックのカバープレートも購入した。カバープレートというのは壁に埋められたコンセント部分を覆うプレートである。こういったものまでオーディオ用の製品が作られているのだ。

R0に替えてみて、まず驚いたのは電源プラグがガッシリと固定されることである。普通のコンセントのように片手で簡単に抜き差しできない。両手でもかなり力を入れないと抜けない構造になっている。これは頼もしい。

音質はどんな変化が起きただろうか。アンプやスピーカー、カートリッジを取り替えたような大きな違いがあるとは、はなから思っていない。こういったアクセサリーの効果は作り上げてきた音に「さらに磨きをかける」類いの音質向上だと思うのである。

その意味では、壁コンセントの交換で音の放出がよりスムーズになった気がする。効果の大小はともあれ、少なくともいい音へ一段アップした実感はある。

あと音楽を聴いているときに壁コンセントが新しくなったことを思い浮かべると、たちまちいい音が脳内に広がる。笑い話みたいだが、まあ精神的満足も音質向上に寄与するのがオーディオというものであろう。

余談ながら、この話を知人のオーディオファイルに話したところ、「僕も最近、電源まわりをグレードアップしました」と控えめにおっしゃった。聞けば、今年発売されたばかりのアキュフェーズのクリーン電源PS-530を導入したという。こりゃあ壁コンセントどころじゃない。

「フロントパネルのメーターを見るだけで、電気が綺麗になった気がしますよ」と微笑むオーディオファイル。上には上があるものである。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929