リオ世代としてW杯への思いを語るFW浅野拓磨「もっと僕たちの世代が入っていっても良い」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は1日、埼玉県内でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを実施した。

▽埼玉スタジアム2002で行われたオーストラリア代表戦の翌日、メンバー外になった選手を含めた27名全員が登場。オーストラリア戦で先発した11名とサブ組の16名に別れてトーレニングを行なった。

▽オーストラリア戦で先発し、貴重な先制ゴールを記録したたFW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)は、ストレッチとリカバリーのトレーニングを終えて取材に応対。リオ五輪代表メンバーがA代表に増えてきたこと、W杯に絡んで行くことについて語った。

◆FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

──リオ世代としてW杯出場を意識することはあるか

「そんなに意識はしていないですが、リオで一緒にやった選手が何人も出てきていますし、俺たちもやれるんだという気持ちはみんな持っていると思います。僕たちも、どんどん入り込んでいかないといけないなと思います」

「昨日の試合を見て、メンバーに入れなかった選手たちにも何か刺激になればと思います。僕でできるなら、自分もできると思っている選手もいると思うので、それも一歩だと思います。もっともっとW杯に対して、僕たちの世代が入っていっても良いかなと思います」

──試合の後にリオ五輪の時に監督だった手倉森誠コーチから話はあったか?

「みんなで集まってという話はなかったです。テグさん(手倉森誠コーチ)に呼ばれて話した時は、僕と久保(裕也)くんでした。その前にディフェンス陣は呼ばれていたみたいです。多少話をしました」