カリアリのクロアチア代表FWチョップがスタンダール・リエージュに完全移籍

写真拡大

▽スタンダール・リエージュは8月31日、クロアチア代表FWドゥイエ・チョップ(27)をカリアリから完全移籍で獲得したことを発表した。契約の詳細は明かされていない。

▽母国クロアチアの名門、ハイデュク・スプリトの下部組織出身のチョップは、2006-07シーズンに当時17歳にしてトップチームデビュー。その後、2012年夏に入団したディナモ・ザグレブでは、計3シーズンの在籍期間で公式戦107試合58得点16アシストを記録した。

▽しかし、2015年夏に完全移籍したカリアリでは、出場機会を得ることは叶わず。2015-2016シーズンの開幕を待たずして、レンタルでマラガに放出されることとなった。それでも、マラガではリーガエスパニョーラ31試合に出場し7得点をマーク。さらに、昨シーズンもレンタルでスポルティング・ヒホンに加入し、リーガ31試合9得点の活躍を披露していた。