画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JRグループは今年も10月14日の「鉄道の日」に合わせ、「秋の乗り放題パス」「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」を発売する。

「秋の乗り放題パス」は日本全国のJR線で、快速・普通列車の普通車自由席およびBRTが連続する3日間乗降り自由になるきっぷ。JR西日本宮島フェリーも利用できる。新幹線・特急列車・グリーン車は利用できないが、快速・普通列車のグリーン車自由席に限り、グリーン券を購入すれば乗車可能とされている。

新青森〜青森間と新夕張〜新得間は、特例として区間内相互発着の場合に限り、特急・急行列車の普通車自由席に乗車可能。新青森〜青森間は相互発着に限り、快速・普通列車の普通車指定席の空席も利用できる。宮崎〜宮崎空港間も特例として特急列車の普通車自由席に乗車できる。

青い森鉄道青森〜八戸間・青森〜野辺地間・八戸〜野辺地間は普通・快速列車の普通車自由席に乗車して通過利用する場合に限り利用可能。あいの風とやま鉄道高岡〜富山間、IRいしかわ鉄道金沢〜津幡間も普通列車の普通車自由席に乗車してJR線へ通過利用する場合に限り乗車できる。

「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」は、「秋の乗り放題パス」と組み合わせることで本州と北海道にまたがっての旅行が可能に。北海道新幹線奥津軽いまべつ〜木古内間の普通車の空席と、道南いさりび鉄道木古内〜五稜郭間の普通列車が片道1回のみ利用できる。利用の際は連続した行程であることが必要。北海道新幹線奥津軽いまべつ〜木古内間以外の区間にまたがって新幹線に乗車する場合と、道南いさりび鉄道線の途中駅で下車した場合はそれぞれ乗車した全区間の運賃が別に必要となる。

「秋の乗り放題パス」「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」ともに発売期間は9月16日からで、販売終了は「秋の乗り放題パス」が10月20日、「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」が10月22日。利用期間はともに10月7〜22日。価格は「秋の乗り放題パス」が大人7,710円・こども3,850円、「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」が大人2,300円・こども1,150円。全国のJRのおもな駅や旅行センターなどで発売される。